第2弾!養護教諭・スクールナース合同セミナー報告

お待たせしました!
養護教諭・スクールナース合同セミナー報告、第2弾です。

今回のメインイベントの一つは
私、DJ.SAWAKOの性教育レッスンでした。

まずは日本の性教育の現状を説明。


子どもたちに性行為の危険や責任について
早いうちから教えておかなければならないのが現実です。

真面目なお話の後、いよいよDJの登場です。

ラップも生で披露しました。

こんな感想をいただきました。
・大変わかりやすく、ティーンの興味を引き付ける授業で、大変勉強になりました。
生徒の興味を惹きつけるアイデアのヒントをいただけました!いつかまたゆっくりレッスン受けたいです!

行くまで引き受けたことを公開していたのですが、
性教育について見直す機会になりました。
学びの機会をくださった亀井さんに感謝!

報告はここまで。続きは次回です。

以下は宣伝。
【おもしろ健康教育研究所】


聖隷クリストファー大学の伊藤先生と私が運営している研究会です。
意識や行動の変容につながる健康教育を引っさげて、
いろいろな学校や企業におじゃましています。
全国どこでも出張講演いたします。
ぜひお声かけください!

連絡先はこちらからどうぞ!↓

http://blg.seirei.ac.jp/healthscience/form.html
または
E-mail:sawako-t@seirei.ac.jp(高橋のメール)

(高橋)


 


第2回養護教諭・スクールナース合同セミナー

6月6日、日本の養護教諭と日本のインターナショナルスクールに所属するスクールナースの合同セミナーが開催されました。
このセミナーは、東京インターナショナルのスクールナースである亀井めぐみさんが企画・運営をしてくださり、
昨年に引き続き第2回目となりました。


SLIPERも昨年から参加しており、今回は3名が参加しました。

昨年は15名程度であった参加者は倍以上に増え、
日本の学校から17名、インターナショナルスクールから13名の参加がありました。

内容や感想を何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

まずは、お弁当。

昨年もいただきました、今半のすき焼き弁当。
今回は、そのほかにも4種類ほどお弁当が用意されていました。

わたしはエビカツ弁当を頂きました!

初対面の方の多い中、お互いのお弁当をきっかけに会話がはずみました。
こうした心遣いがますます会を盛り上げるのだなぁ・・・勉強になりました。

次回の報告をお楽しみに!


(高橋)
 


アメリカへ行きたくないかぁぁぁ!

もう1年が経とうとしている。そう中村は昨年、前嶋さんからの誘いに即答して、ワシントンDCに行ったのでした。初のアメリカ。
昨年の様子
http://ski.skill-ladder.com/?day=20140828

事前に、修学旅行なみのしおりが送られてきて、注意事項や荷物などなど、パック旅行よりずっとわかりやすかったです。前嶋さんの顔も知りませんでしたが、ワシントンDCの空港の税関を抜けると、そこには前嶋さんが立っていて、ニンマリ。そして、その後は、ガイド、ドライバー、通訳を兼ねた(いや料理人も)前嶋さんがすべてエスコートしてくれました。ずっと日本語で一つも英語を話しませんでした(笑)。
一番の醍醐味は、前嶋さんの養護教諭経験、そして人生の語りです。もちろん観光ガイドも本格派!
普通の旅行では得られないもの満載です。    

今年も前嶋さんからワシントンDC訪問のお誘いです。
以下、お誘いを転記します。
 ワシントンDCを訪問し、海外から、養護教諭や日本の学校保健について考えてみませんか?
 アメリカの首都ワシントンDCとその郊外にあるトトロハウスで養護教諭について(その他もろもろももちろんOK)語り合いましょう!
トトロハウスとはこんなところです。

トトロハウスHP→http://www.asanocpa.com/akemihouse/index.html
・対象 養護教諭の仕事やアメリカに興味がある人及びそのパートナーや友人など(4〜5人) 
 
・場所 トトロハウス   
・内容 ・ワシントン及び周辺の見学、見聞、観光  
  • 合宿形式のミーティング アメリカ在住WJWN(Washington Japanese Women's Networkhttp://www.wjwn.org )の皆さんと
合流ミーティングを予定。 
 
  • 日時 平成27年8月22日(土)12時から合宿形式のミーティング(WJWNと合同)で行う予定です。
よって、8月22日(土)が、入るように日程を組むことが理想ですが、22日が入らなくても可能ですので、まず相談してください。
 
  • 経費 飛行機代各自+滞在費4〜5万円くらい。(滞在1週間として)

・空港送迎から、案内、宿泊(ホテル、別荘トトロハウス)ま で私が全部お世話します。
 
  • 送迎の都合上、飛行機は、ANA東京(成田)⇔ ワシントンDC(ダレス)をご利用ください。

興味がある方は、まずは下記へお問い合わせください。 
 Email:  akemimaeshima@gmail.com


(中村)


カリスマ養護教諭を巡る旅【沼津編】中村先生の保健室公開!!その2

中村先生は、いくつもスゴワザをお持ちです。

その一つ目は、テーピングです。
キネシオテーピングという伸縮性のあるテープを使います。
軽い突き指の場合、シップを貼るよりも
これで固定すると痛みが少なく、なおりも早いそうです。

肌色で見た目もきれいです。

他にもまだまだスゴワザをお持ちのようでしたが、
今回の訪問ではここまでしか見ることができませんでした。
再度、沼津を訪問し、ワザを暴いて報告したいと思います。

そうこうしていると、電話が鳴りました。
近隣学校の養護教諭からの相談のようです。

質問に丁寧に優しくこたえている姿が印象的で、
地域の養護教諭の先生にも頼りされているのが分かりました。
まさに、スキルラダー自己研鑽の達人レベル
「養護教諭に対して指導的立場を取ることができる」です。

最後におまけです。

中村先生の保健室で飼われている熱帯魚です。
保護者や先生方が事情でかえなくなってしまった子たちを
中村先生に託されたそうです。


(高橋)


カリスマ養護教諭を巡る旅【沼津編】中村先生の保健室公開!!

今日は、国内編の記事です。

SLIPER会長中村先生の保健室訪問をご紹介いたします。
広々とした保健室の中央には、大きな丸いテーブルがあります。
委員会活動や昼休みの歯磨き指導などで有効に使われているそうですが、
中村先生が予算要求して獲得したものだそうです。



スキルラダーでは、「予算を獲得する」ことも養護教諭の重要なスキルであると考えています。
まさにそのスキルの高さを見せつけられました。
他にも、大型画面のディスプレイも備えられていました。
す、すごいです。

中村先生の机周辺です。
思ったより雑然としていて、ちょっとほっとしました。
「机上の整頓ができる」もラダーに加えた方が良いでしょうか?


中村先生が保健室経営の中で大切にされている活動の一つに
「児童保健委員会」活動があります。
ただ、子どもたちに役割を与えるだけでなく、
子どもたち自身が考えながら、
自分たち自身で継続した活動が展開できるような仕掛けがされていました。

こちらは、その活動の一つ、「お悩みクマさん」です。

子どもが書いたお悩みに委員会メンバーが回答するというものです。
一部の質問と回答を見せていただきましたが、
委員会メンバーが徐々にピアカウンセラーとして育って行く様子が見て取れました。

救急処置に関しても様々なワザやツールをご存知です。
その辺は次回に…。

(高橋記者)






 


カリスマ養護教諭を巡る旅@海外編【その4】

「達人は、人生でも達人である」

「明美」&「泉」さんご夫婦は、再婚同士のカップルです。
明美さんのコラムを読むと、明美さんの考え方がよくわかります。
(会って話したらもっとわかります)
http://www.asanocpa.com/akemihouse/column/jinseisaikou.html


さらに、泉さんとの出会いは「Eデート」。
これもこちらから読む事ができます。
http://www.wjwn.org/views/article.php?NUM=V-0469

 




今回の旅では毎晩、明美さんとたくさんディスカッションをしました。

泉さんは学者顔負けの勉強家で、博識です。
アメリカに住んでいるからこそ、外から冷静に日本を見ています。
持論を話してくれ、また、私の意見を必ず求められました。
「ふみこさんはどう思う?」何度聞かれたことでしょう。

ある日の論争テーマは「日本のガラパゴス化について」でした。
外から日本を見ると、「完全に平和ボケしている日本」。
私の意見は「ガラパゴスもいいじゃないか」、「改革は必要だが、守るべきものもある」。
究極は、「鎖国してしまうのはどうでしょう?」と遅くまで話しました。

今まで考えたこともないことを聞かれ、脳みその別の部分を使った気がします。
生の明美&泉さんを見たい方は是非ワシントンをお尋ねください。
あなたの人生のモヤモヤが消えるかもしれません。

トトロハウスからの夕陽です。

日本で夕陽を見ることが年に何回あるだろう。

忙しい日々は、「忙」の漢字通り、心を亡ぼしますね。



(中村特派員)



カリスマ養護教諭を巡る旅【沼津編】

SLIPER会長、中村先生の保健室を訪問して参りました。

5本指ソックスにビーチサンダルというラフなスタイルで
登場された中村先生がまずご案内くださった場所はこちら↓↓





まずは腹ごしらえ。先生おすすめのお店で海鮮丼をいただきました。

食事中、数年前に卒業した教え子のお母様に声をかけられました。
さすが、カリスマ養護教諭は地元の有名人です。


さらに、続けて地域の案内をしていただきました。
沼津駅からは、漁港が近く、市内を何本か大きな川が走っています。
漁港には、「びゅうお」という防災のための水門がありました。



 


中村先生は「これでは10メートルを超えるような津波には到底対応できない」と
憂いておいででしたが、近づいてみるとかなり巨大な建物です。





「びゅうお」の最上部は展望台になっています。
学校の遠足でもよく使われるという「びゅうお」の展望台からの眺めは最高でした。




皆様も沼津にお越しの際はぜひ、漁港と「びゅうお」にお立ち寄りください。

「SLIPER会長中村先生の保健室」は、次回公開です!
お楽しみに!!

(高橋)

「達人は、つながり力がすごい」


巻き込み力というのか、ネットワークを作る力というのか、
とにかく人とつながる力が強い。
私もいつの間にかつながっています。


前嶋さんの「何か人のためにしたい」と考えた時の行動力は、
とてつもなく強いと思います。
(本人にはそのような自覚はなく、普通と思っているようでした。
この普通に思ってやっているところが達人でしょうか。)


これは、前嶋さんお手製の靴下です。
福島へボランティアに行った時、持参しました。
さらに、そこで編み物教室を開きました。


他にも靴下にまつわるお話はこちら

http://www.wjwn.org/views/article.php?NUM=V-0461




カリスマ養護教諭を巡る旅@海外編【その2】

「達人は、道を自ら切り開く」


前嶋さんは、現在トトロハウスと、
ホームオフィス(公認会計士の夫、浅野氏の仕事場件自宅)になっている
コンドミニアムを行き来して暮らしています。




トトロハウスのHPはこちら

http://www.asanocpa.com/akemihouse/index.html



トトロハウスへ行く道路には「TOTORO」の標識があります。    

アメリカでは、何軒か家ができると
道路の名前を自分たちでつけられるそうで、
前嶋さんが名付け親です。

トトロハウスでくつろぐ中村特派員です。



海外編はまだまだ続きます。

(中村特派員)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM