おや(じ)じょ(し)の会に入会

第7回公衆衛生看護学会学術集会 企画委員会最終回in山口県宇部市山口大学医学部に行ってきました。

企画委員を拝命し、2年越しで宇部市を往復6回!

学術集会の参加者は1000人を超えました。

今回は、学校と地域連携に関するワークショップも開催され、協働するためのヒントが話し合われました。

児童生徒や地域住民の健康を守るという目的達成のために周防大島地区の生活習慣病予防の一環の減塩活動、素晴らしかったです。

また、山口県養護教諭会会長の重政先生のご尽力により、会場には山口県内の特別支援学校の生徒さんの作品展示もあり、アートな空間を盛り上げていました。特別支援学校の作品展示は本学会の学術集会では初の試みでした。

このような縁で、7月には山口県養護教諭会の研修会の講師に呼んでいただきました。スキルラダーの話になりますが、精一杯勤めたいと思います。

学術集会中は、本部に詰めており、そのためドクターヘリツアーもありましたが、行くことはできず、今日、直近で見たので、思わずパチリ。

小学校で働いていると大学の医学部に出かけることは少ないので、アカデミックさに刺激を受けます。

企画委員会後には、夜の反省会があったのですが、そこで、おやじょの会にスカウトされました。

見かけ女性っぽいけど、中身は男性のようにサバサバ!?しているというのが、親父のような女子の会=「おやじょ」の会、規約のようです。

一発で入会審査を通過しました。これからは「おやじょ」の開催に合わせて宇部に行く楽しみができました。

 

次回は、第8回学術集会は愛媛県松山市で行われます。松山市でお会いしましょう!

 



中村先生

 

 

ぬまづ生活 というブログで友人が「スキルラダー」を取り上げてくれました。

友人曰く、

「保健の先生」のイメージ、何をしてるかよくわからない、、、。

「おなかが痛いんです」というと、「なんでおなか痛いの!」と怒られるイメージ だそうで、、、。

続きはぬまづ生活のブログからお読みくださいませ。

 

 

 

JUGEMテーマ:教育

 



裏方の仕事inバド教職員

第113回静岡県教職員バドミントン大会が静岡大学で行われました。(3月2日)

120名の参加者があり大盛況でした。

大盛況の裏側には、科学技術高校のバドミントン部の顧問の先生方、生徒が素晴らしい運営がありました。

前日は徹夜だったと言いながらも笑顔で参加者をもてなす顧問の先生方に、利他の心を感じました。

財政難のため、優勝者には、賞品が出せず、賞状を差し上げています。

友人による筆耕サービス! 喜ばれました!!!

お金がない、でも諦めないで喜んでもらう方法を考えています。

といっても、いつも友人に助けてもらっているわけですが、、、。

お弁当の差し入れまでいただいて、元気をもらいました!

ありがとうございます!

 

静岡県バドミントン教職員のホームページも作りますと宣言してきました。

スキルラダーの深化をサボっていたら、教職員バドミントンの理事長業務が忙しいんだなと思ってください(笑)

次回は7月、森町でお会いしましょう。

 

JUGEMテーマ:バドミントン



Peace of mind

Peace of mindというカウンセリングルームを開いている知人が、ホームページで養護教諭のスキルラダーを取り上げてくれました。

 

 

以下ホームページより引用。ーーーーー

尊敬する中村富美子先生達の熱い情熱が詰まっています。

養護教諭のバイブルとして、また今の保健の先生達が、日々どんなことをしているのか理解できる1冊。

 

先生達は愛あるプロフェッショナル!

こんな先生達が日々の子ども達のことを考えてくれているなら子どもだけでなく子を持つ親も、もっと保健室に行きたくなります。

ーーーーーーーーーー

感想を寄せていただき、さらに精進していこうと決意も新たになりました。

応援ありがとうございます!!

ご興味ある方は、

アマゾン、yahoo、楽天などから「養護教諭のスキルラダー 」で検索してください!

 

 



教えて達人2月のまとめと3月のテーマ

教えて達人の2月のまとめと3月のテーマ発表です。

では、2月のまとめから。2月のテーマはこちらでした。http://b.ibbs.info/sliper201902/

 

【SLIPERより】
養護教諭として整然と正当性を説明しましょう。その子どもにどんなバックグランドがあるか、わかりません。いじめられている、何らかの学校内外でのトラブル、対応している時点ではわからないこともあります。だからこそ、正当なことをしたと説明する必要があります。養護教諭というプロフェッショナルとして、説明責任を果たすべきでしょう。その後のことは、校長先生に引き取ってもらうことが重要だと思います。

子どもが怪我をして、病院に行く必要がある。そして、苦情を申し立てている母親とは、連絡が取れない。父親とは連絡が取れ、許可を得ている。養護教諭は、怪我の状況、保護者との連絡状況を管理職に報告し、管理職の許可のもと、病院へ連れて行った。今回は、切創ということで、救急車を呼ぶ必要もないと判断しており、この対応について、多くの養護教諭、管理職が賛同するのではないでしょうか。今回は、「自分の許可なく病院へ連れて行ったことに腹を立てている」とすると、父親と母親の関係で何かあるのかもしれません。家庭のもつれから、学校にとばっちりが来たことも考えられます。
今回の事例から今後に生かす点を挙げるのであれば、母親の訴えである「自分の許可なく病院へ連れて行った」ことへの学校側の正当性を主張できるようにするため、緊急連絡先の記入を依頼する際には、万が一、保護者と連絡が取れなかった場合は、生命第一で学校の判断で病院に搬送することもあること、留意して欲しいことがある方はお知らせくださいと伝える。連れて行った病院が気に入らなかった場合もあります。綺麗に傷を治したいと希望する保護者は、外科でなく、美容形成外科に連れて行って欲しかったと保護者が望む場合もあります。病院の選択についても、養護教諭の好みで選択しているわけではなく、学校医に相談する、総合病院、救急車などとしていることを説明しておきましょう。
 苦情を申し立てた保護者に対して、校長先生はきっと、状況を説明してくれたと思います。本人が誠意を持って説明しても、それでも母親と平行線ということはあり得ます。
この事例では、女子の怪我の手当てについては最善の対応をしています。「子どもファースト」の対応で、女子の安全安心は守られていますので養護教諭の職務を果たしたと考えていいと思います。

繰り返しになりますが、自分が行った対応にまずいところがあったのであれば反省し、保護者に謝罪も必要になりますが、対応をきちんと行っていた場合は、苦情に臆することなく、プロフェッショナルとして説明責任を果たし、その後のことは校長先生に任せましょう。


3月のテーマはこちら   http://b.ibbs.info/sliper201903/

 

皆様のご意見をお待ちしています。


2019ワールドパラグランプリ、ドバイ大会

Silver medal wins

Dubai 2019 World para 「men's long jump」【Yamaguchi  Mitsuo】Coach:【Kanda Izumi】

アラブ首長国連邦(UAE)2019ワールドパラグランプリ ドバイ大会の報告(2月24日〜27日)

走り幅跳び 6m53(+0.3)銀メダル 山口 光男 コーチ 神田いずみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズン前の大会ですが、頑張りました!

 

アラブ首長国連邦(UAE)シャルジャ第9回インターナショナルオープンパラ大会

6m58(-1.1)銅メダル

 

いつも応援してくださりありがとうございます!

 

 

 

 

 

 



微差が大差

「それだよね、そのちょっとしたことが大きな差になる」

会議の合間に、各メンバーが取り組んでいる各自の研究について意見交換することがあります。

今回は、アンケートを郵送し、その回収率を上げるにはどうしたらいいかが話題になりました。提出を求める封筒は糊をつけずに(テープがついていて、それを剥がせば貼れる)封ができるタイプがいいということになりました。

アンケートを答えた方に少しでも楽してもらえることを考える。糊ぐらい貼ってよ、ではなく、糊を貼らなくて済むようにする気遣い、それが大事なのではないか。こんなことで回収率が上がるのか?というエビデンスはないのですが、でもやっぱり、こういう気遣いが、アンケートを書いて出す側には嬉しいよという話になったのです。

別の話では、こんなエピソードも。友人と富士山に登ったとき、友人は、小さい脚立をリュックにつけて登っていました。何に使うんだ?、と思っていたのですが、富士山頂に着いた時、友人は言ったのです。「この脚立にのって、これで本当の日本一だ」と。そうなんです、頂上の上でさらに脚立に立つことで最も高いという経験をして欲しかったのです。

確かに、誰が脚立を持って富士山に登ろうと思うだろうか。でもそのちょっとしたアイデアが、頂上で人より高いところに立つことができたのです。友人が言いました。「微差が大差になるんだよ」

スリッパも毎月の会議を重ねるという微差をコツコツ続けていきます。

おまけ:

最近は会議会場を国際医療福祉大学赤坂キャンパスに移しており、

会議の前には赤坂キャンパスの近くの「とらや」に潜入。とらやの伝統に触れ、いざ会議に挑んだのでした。

 

 

目の前は豊川稲荷。

 

 

JUGEMテーマ:教育



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM