<< 教えて達人 1月のまとめと2月のテーマ発表 | main | 個人・集団に働きかける保健専門職 >>

地域保健活動のための教育懇談会

パブリック・ヘルスケア研究会 

The society for Public health care

Education roundtable for community health activities

2019年度 「地域保健活動のための教育懇談会」に参加しました。山口大学医学部にて、令和2年1月31日(金)

 

 

宮崎美砂子先生から話題提供をいただき、意見交換を行いました。

大学などの教員や、現職の保健師が参加する中、隣の席には、偶然にも、大学院時代のゼミ仲間が座っていてびっくり。世間は狭いですね。

 

【テーマ】

1 対象の多様性・複雑性に対応するためにどのような人材を育成していくべきか

2 話題提供や意見交換の内容を踏まえて、今後、各大学における教育活動についてどのように考え、検討していくか

 

養護教諭は、普段、学校で「先生」と呼ばれ、「教諭」として働いている。しかし、健康な市民を作るためには学校にいる時期に働きかけることはとても重要で効果的であることから、地域保健活動の担い手であり、実践活動の領域が学校現場です。

養護教諭の実習の現状について発言しました。

地域看護の諸機能の学びが深まり、実習生に対して、学生を理解しながら、興味関心を引き出していく可能性を考えるきっかけとなりました。

 

パブリックヘルスケア研究会(事務局:山口大学大学院 医学系研究科 地域看護学分野)の皆様、このような機会をいただきありがとうございました。

 

山口まで羽田からひとっ飛び。

 

 

 

 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM