<< 飛び級もあります。 | main | 教えて達人12月のまとめと1月のテーマ発表 >>

スポーツでは食べていけない

ラブアン (マレーシア)訪問レポート第7弾

LABUAN(Malaysia) observation report No7

SMK  MUTIARA 

2019.11.04 スポーツ学校 見学 ーSports schoolー

第6弾はこちらから

S:スクール M:ムスリム K(公立)

スポーツ学校(中等教育(13歳〜17歳):日本の中〜高校に当たる) 800人在籍。マレーシアだけでなく20ヶ国の生徒が在籍している。

スペシャルクラス(知的・情緒などの特別支援クラス)あり。

校長先生は着任して6ヶ月。様々な改革に取り組んでいるという意気込みと共に学校を案内してくださいました。

 

校舎外観

 

 

ちょうど教科書の返却を行なっていました。教科書は貸与のため学期末に返却する。係りの生徒がいます。

 

 

校長先生の改革の一つ ビオトープ

スペシャルクラスの校舎 生徒は50人在籍。

 

壁に掲示されている掛け算表 12×12 

洗車の実習に使う車。職業訓練として洗車を取り入れている。車の販売店などへの就職を目指す。

 

教員住宅 学校敷地内にある。

 

 

礼拝所 メッカの方向が示されている。

 

 

食堂で休憩しながら懇談。甘い飲み物の前で熱い思いを語る校長先生!

スポーツだけを強くするだけではなく人間教育を目指している。ビオトープもその一貫。マレーシアでは高校への進学は65%ぐらい。高校に進学することが全てではなく、軍隊、仕事など本人に適した進路を選ぶことが大切。

スポーツで食べていくことは難しい。例えばサッカーで秀でても一生続けられるわけではない。将来、選手として収入を得る生徒は僅かだろう。進学するためには、卒業試験で、振り分けられ、大学に入るための予備コースに入る。その後、また試験があり、進学できる大学が決まる。スポーツは生涯続けて健康や幸せになる手段。

 

 

芝生のグランド

医務室 

医務室に入るとちょうど前室で学習発表の練習をしていました。

医務室担当の先生です。(一般教員が担当)

 

 

前室から部屋は2つに分かれています。ベッドの部屋

 

 

執務室

 

この青い机と椅子でテストを受ける生徒もいる。(注意が散漫な子供への配慮)

 

視力表。ところ変わればです。日本では見かけないタイプ。

 

 

11月4日の学校見学は7時にピックアップしてもらい、この学校が3校目。16時には空港に到着予定です。

各学校、うちの学校の自慢はここ!というアピールに私のメモを取る手も止まりませんでした。

このブログにも書ききれていません、、、。

 

これから、もう1校、行きます!

 

続く。

 

 

 

 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM