<< 成長のための教育 | main | 発達障害の児童生徒の対応 >>

なぜナイフがないの?

Why is there no knife?

It is lunch.

マレーシアでの初めての食事です。

日本を22時に飛び立ち、14時間後、空港からそのまま会場に来て、着替え、ヒジャブを被り、VIPとして食事の席につくという、予想もしない展開に、戸惑いつつも、イスラム文化に早速触れ、驚きの連続です。

まず、お酒は出ません。男性陣も甘いジュースを飲んでいます。乾杯などもなく、食べ始めます。フォークとスプーンを使うそうです。ナイフはないのと聞いてみますと、ないそうで、皆さん、ナイフなしでも上手に肉も魚も綺麗に食べていました。私は、「はし」が欲しいと言いたいところでしたが、郷に入っては郷に従え、フォークとスプーンで頑張りました。骨つき肉を手で持って食べていいのかなども、隣の席の方に聞きました。手で持って食べても良いそうですが、同席した円卓の人は誰もしていませんでした。

また、イスラムでは左手は不浄、右手で、食事をする(素手)方もいます。

中華の円卓のような仕組みで、テーブルを回して、好きなだけとります。

一説によると、旧宗主国(イギリス)の影響とのこと。(ナイフで殺傷事件があり、その後禁止された)

食事の場面だけでもなぜ?なぜ?と興味深かったです。

日本の国の花は何か?と聞かれ、答えられなかったり、、、。恥ずかしい、、、。桜です!!

英語ができるようになる以前に、自分の国のことを知らなければ、と反省。そこで便利なのがスマホです。すぐに調べて、写真を見せ合いました。

 

空港で見たトイレのポスターに話を向けると、トイレを清潔にというキャンペーンの一環だそう。

「トイレに夢と希望を捨てても良いけど、ゴミは捨てないで」と書いてありました。

さらに便器が四角なのはなぜ?

このことは英語力不足により、聞けませんでした(笑)

 

ラブアン 報告3終わり。

次に続く、、、。

 

 

 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM