<< 2019ワールドパラグランプリ、ドバイ大会 | main | Peace of mind >>

教えて達人2月のまとめと3月のテーマ

教えて達人の2月のまとめと3月のテーマ発表です。

では、2月のまとめから。2月のテーマはこちらでした。http://b.ibbs.info/sliper201902/

 

【SLIPERより】
養護教諭として整然と正当性を説明しましょう。その子どもにどんなバックグランドがあるか、わかりません。いじめられている、何らかの学校内外でのトラブル、対応している時点ではわからないこともあります。だからこそ、正当なことをしたと説明する必要があります。養護教諭というプロフェッショナルとして、説明責任を果たすべきでしょう。その後のことは、校長先生に引き取ってもらうことが重要だと思います。

子どもが怪我をして、病院に行く必要がある。そして、苦情を申し立てている母親とは、連絡が取れない。父親とは連絡が取れ、許可を得ている。養護教諭は、怪我の状況、保護者との連絡状況を管理職に報告し、管理職の許可のもと、病院へ連れて行った。今回は、切創ということで、救急車を呼ぶ必要もないと判断しており、この対応について、多くの養護教諭、管理職が賛同するのではないでしょうか。今回は、「自分の許可なく病院へ連れて行ったことに腹を立てている」とすると、父親と母親の関係で何かあるのかもしれません。家庭のもつれから、学校にとばっちりが来たことも考えられます。
今回の事例から今後に生かす点を挙げるのであれば、母親の訴えである「自分の許可なく病院へ連れて行った」ことへの学校側の正当性を主張できるようにするため、緊急連絡先の記入を依頼する際には、万が一、保護者と連絡が取れなかった場合は、生命第一で学校の判断で病院に搬送することもあること、留意して欲しいことがある方はお知らせくださいと伝える。連れて行った病院が気に入らなかった場合もあります。綺麗に傷を治したいと希望する保護者は、外科でなく、美容形成外科に連れて行って欲しかったと保護者が望む場合もあります。病院の選択についても、養護教諭の好みで選択しているわけではなく、学校医に相談する、総合病院、救急車などとしていることを説明しておきましょう。
 苦情を申し立てた保護者に対して、校長先生はきっと、状況を説明してくれたと思います。本人が誠意を持って説明しても、それでも母親と平行線ということはあり得ます。
この事例では、女子の怪我の手当てについては最善の対応をしています。「子どもファースト」の対応で、女子の安全安心は守られていますので養護教諭の職務を果たしたと考えていいと思います。

繰り返しになりますが、自分が行った対応にまずいところがあったのであれば反省し、保護者に謝罪も必要になりますが、対応をきちんと行っていた場合は、苦情に臆することなく、プロフェッショナルとして説明責任を果たし、その後のことは校長先生に任せましょう。


3月のテーマはこちら   http://b.ibbs.info/sliper201903/

 

皆様のご意見をお待ちしています。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM