<< チャレンジしました!ショートストーリー。 | main |

「教えて達人」1月のまとめと2月のテーマの発表

1月のテーマはこちらでした↓↓

SLIPERからのまとめはこちら↓↓


近隣の養護教諭に尋ねたところ、固形石けん派、泡石けん派、液体石けん(シャボネット・蛇口に取り付けタイプ)派、併用派(固形・泡・液体)があるようです。
【液体石けんが望ましい理由】
学校において予防すべき感染症の解説1)では、石鹸は液体石鹸が望ましい。なお、容器の中身を詰め替える際は、残った石鹸は捨て、容器をよく洗い、乾燥させてから、新たな石鹸を詰めるようにすると記載されています。
児童生徒用手洗い設備及び石鹸等の微生物汚染状況調査2)では、液体石鹸の容器上部・下部は、微生物汚染が低かったことから、手洗い石鹸として網を使用する固形石鹸より、液体石鹸の方が衛生的な取り扱いが容易と考えられた。固形石鹸を入れる網は、材質の種類を問わず、菌数が高く、微生物伝播の要因となる可能性が高いことからその使用は極力避けるべきであると記載されています。
これを鑑みると固形石けんの表面や、固形石けんを入れる網からは多くの菌が検出され、固形石けんの扱いには十分気をつけなければならないことがわかります。石けんは、液体の方が望ましく、液体の中でも泡か、液体のどちらがいいのかは先述の文部科学省や汚染状況調査からは判断できません。
【泡か、液体か?】
液体のうち、泡か液体かについては、先述の記載にもあるように言及されていません。学校の実情にも照らし合わせてみてはいかがでしょうか。
【泡石けんのメリット】
手を洗うためには、石鹸を泡立て使う1)とされていますので、最初から泡の出る泡石けんは、手洗い用の水道の数が少ない学校にとっては、手洗いの時間短縮になる。
【液体石けんのメリット】
洗面台にすでに設置されている液体石けん用の器具を使える。
(洗面台の形式によっては泡石けんの容器を置くことができない学校もあります。)
【予算の確保】
後は予算の確保です。学校で導入を議論する場合、予算も大きな問題になります。これを買って欲しいと予算担当者に言って、「無い袖は振れない」と言われることはよくあることです。今まで通りが一番楽でしょうが、衛生管理の観点から考え、根拠を示して、提案しましょう。その際には、メリット、デメリットを示します。本当に、固形石けんの方が安いのか(固形石けん用網の交換代を入れると高いのでは?)、液体石けんを導入するといくらかかるのか、(初期のコストと毎年継続するコスト)を提示し、交渉しましょう。
【マンネリの打破】
衛生管理の観点が一番大事ですが、子どもの使いやすさ、コスト、管理の手間なども考慮して判断し、石けん変更の目的、根拠を示して、予算やマンネリを打破していきましょう。


1)学校において予防すべき感染症の解説(平成30年3月)文部科学省
https://www.gakkohoken.jp/books/archives/211   P10

2)児童生徒用手洗い設備及び石鹸等の微生物汚染状況調査(平成21年度学校における食の安全に関する実態調査報告書)
https://www.jpnsport.go.jp/anzen/Portals/0/anzen/kenko/jyouhou/pdf/jittaichosa/H21-09.pdf


さて、2月のテーマはこちら↓↓

 

みなさんだったらどうしますか?

似たような経験はありませんか?

ぜひご意見をお聞かせください!!



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM