<< SAWAKO 健康寿命を延ばす | main | 養護教諭と保健師でお互いの仕事を語り合おう >>

利他の心DE教職員バドミントン大会

まずは大岡小学校の若手同僚たちです。サムライのように闘志がみなぎっています。

11月23日(祝)第113回静岡県バドミントン教職員大会が富士市で行われました。

前回は、相手に勝利を与えることに貢献していましたが(つまり全敗)

今回は、勝利をもぎ取り、勝つ喜びにも触れることができました。

もちろん、会場の準備、片付けと、試合運営をサポートしてくれました。

 

友人たちも各自の特技でサポートしてくれます。

優勝者には、賞状の筆耕サービス。「教室に掲示してクラスの子どもに自慢します」という先生も。

友人たちはさらに、受付、会計、試合の運営、急なキャンセルに対するピンチヒッター(試合に出場!)。

参加者は90名、応援の方々も含めると120人ぐらいの来場がありました。

事務局をやっていて嬉しいのは下記のような声をきくことです。

・この試合に参加することになって、仕事人間から、バドミントンという趣味ができました。

・試合に出るという目標があると、職場で練習する時間を作り、同僚とのリクリエーションや会話の機会が持ててよかったです。

・学校種を超えて交流できることが楽しいです。

などなど。

 

お弁当の差し入れも!これは嬉しい(笑:食いしん坊の中村会長)

 

利他の心に触れた1日でした。

 

次回は3月2日(土)静岡市で開催です。

みなさん、3月にまたお会いしましょう!

 

 

 



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM