<< 山口県養護教諭会の研修会に行ってきました! | main | 企画委員会in山口県宇部市 >>

「教えて達人」6月のまとめと7月のテーマ発表

ネットde掲示板「教えて達人」の更新をしました。

6月のテーマとまとめは以下の通りです。

 

【SLIPERより】

今年3月に足立区立の中学校で行われた性教育の授業が都議会で取り上げられたことは記憶に新しいと思います。指導要領に記載がない妊娠の経過と避妊を扱ったことが問題視されました。
性教育は以前からこうした「寝た子を起こすな」的な議論が繰り返されてきました。しかし、現場にいると相談の中にもあるような「寝ている子などいない」実態を日々目の前にすることになります。『早く正しい教育を!』と焦らずにはいられないお気持ち、とてもよくわかります。
性に関する知識や行動には個人差が大きいことが、議論を生む原因の一つでしょう。このように緊急性の高い状況では、リスクの高い生徒を集めて指導を行う方法も有効かもしれませんが、今はリスクの高い子供が見えにくくなっている時代です。全ての子どもが義務教育のうちに得ておくべき知識を学習できるよう、系統的に進める必要があります。しかし、これまで実施されていなかった性教育を実施するためには、準備が必要です。いくつかポイントをあげてみます。

・これまでの性に関する指導や保健学習の実施状況を把握する
→性に関する指導がどのように行われ、生徒がどの程度理解しているかを把握する。
・教員や保護者は、子どもの現状をどう理解しているのか
→養護教諭として把握した事例をもとに、性に関する問題の現状と教育の必要性を訴えかける。
・教えるべき内容を検討する
→学習指導要領にない内容でも、現実的な課題を解決するためであれば、学級活動の保健指導として取り上げることが可能である。しかし、いきなり避妊や性感染症を取り上げるのは、教員や保護者の反感を買うことになりかねません。、男女交際や自分を大切にすることのようなコミュニケーションに関する教育から始め、子どもや保護者、教員の反応を見つつ進める。これまでに性に関する問題行動があった生徒や虐待経験のある生徒などにも配慮し、内容をよく吟味する。
・教員や保護者の理解を得る
→学校内のみでなく保護者の理解も大切となる。保健だよりなどで教育の内容や意図を丁寧に伝え、家庭内でも話題にしてもらうきっかけづくりをする。
・教育の方法を検討する
→先ずは、ハイリスクの子どもへの相談体制の整備などの個別指導を充実させる。それと同時に、交際マナーや自分を大切にすることなど、今できる性に関する指導を全体にも実施できるよう進めていく。個別と集団、両方への指導体制を考慮することが大事。
個別に子供が学ぶことができるよう、信頼できる情報源(書籍やインターネットのサイト)を占めることも役に立つ。
集団指導については、保健行政で取り組んでいる思春期教室などの枠組みを利用することもできる。その際には、他校での実績のある外部講師などにお願いする方法もとることできる。しかし、その場合は十分に打ち合わせを行い、学校の実態や課題を伝え、目的を共有しておくことが必要。
・教育が定着するような体制づくり
→1回の授業で終わらせない工夫が必要。その後も学校全体で支援をつないでいけるよう、定期的に学級で性について話し合う機会を持ったり、保健室でミニ講座や相談活動を行ったりなどの取り組みを学校全体で進める。

「子どもの心と体を守るために必要な指導をしたい!」という思いは素晴らしいと思います。大切な問題だからこそ、正しい知識がしっかり子供たちの力となって身につくよう、時間をかけて準備をし、確実な取り組みにつながっていくといいですね。


7月のテーマはこちら

皆様からの投稿をお待ちしております!



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM