<< 「教えて達人」2月のまとめと3月のテーマ発表 | main | 3月の定例会議開催〜コーヒーに悪戦苦闘〜 >>

不登校の相談が多い

The retired Yogo teacher(school health nurse) made a  health office at home.She started nine years ago. 

That user, on average, 27 people a month. Users are children, up to 70 years old. Consultation is free. One consultation is two hours.

中村会長が行くシリーズ。

他のスリッパメンバーも行ったことがある川中島の保健室ですが、私(中村会長)は、なんと4回目の訪問です。

いい意味で変わらない場所、それが川中島の保健室です。

白澤さんの自宅にあります。

玄関から中に入りますと、

訪れる方の作品もあります。

やっぱり保健室なんです。

身長計もあります。

本もいっぱい。

性教育の教材も充実しています。

白澤さんは、養護教諭を定年退職後、自宅に保健室を作りました。それが川中島の保健室です。

開設して9年目ですが、今でも新しい訪問者がくるそうです。

HPでも毎月100回以上のアクセスがあります。

最近は、卒論の参考にしたいと尋ねてくる学生さんも増えたそうです。子どもの問題についてや、地域でどのように川中島の保健室が機能しているのかなどなど。東京、埼玉、横浜からも来るそうです。

そして、宿泊して行く人もいます。

宿泊した人は、ごちそうノートに思い出を書き込みます。美味しい食事、たくさんの対話、2冊目です。

最近の相談は不登校が多い。

少し前は、発達の凸凹に関することだった。

その他には

・精神に関すること

・高校生の性の相談

・大人の性の相談

・子どもの相談できているが信頼関係ができて来ると自分の相談をする人もいる。

 

毎月行っているお茶のみサロン

毎回15人ぐらいが参加。

近所の人が10人ぐらい毎回くる。その友達が5人ぐらい。

 

香港で行われた国際スクールナース学会に、白澤さんとご一緒したことがあります。

その際にも白澤さんが川中島の保健室の活動を発表しましたら、外国のスクールナースから、「私はあなたの発表が一番よかったと思う」と言われていました。ボランティアで!という点も海外のスクールナースをびっくりさせていたことを思い出しました。

 

「日本の交番と同じぐらい、地域に保健室があったらいいと思わない?」と私に話しかける白澤さん。

私には後光が見えました。

(中村会長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM