<< 第6回日本公衆衛生看護学会1日目 | main | 教えて達人12月のまとめと1月のテーマ発表 >>

養護教諭に求められる救急処置

公衆衛生看護学会2日目

ポスター発表です。

養護教諭に求められる救急処置の知識と技術ーWEBアンケートからー

DJ.SAWAKO隊員が所用で欠席のため、内山グローバル部長が発表しました。

隣のポスターでは、山口大学の藤村先生が

「児童虐待に関する養護教諭の関わり・支援に対する文献検討」を発表していました。

世間は狭く、共通の知り合いがいることがわかった内山グルーバル部長と藤村先生をパチリ。

中村会長は座長。

ヒストリカルセミナー兇任

「公衆衛生看護としての学校看護の歴史と課題」

瀧澤利行(茨城大学教育学部教授)による講演が行われました。

本物の瀧澤教授とパチリ。

 

中村会長は、広報委員会企画として、新人保健師さん向けのワークショップ。

普段は小学1年生の集団には「お耳はこっち」と話していますが、

今日は成人を相手ということで少し勝手が違いました。

初々しい保健師さんたちからは清々しいオーラが出ていて、中村会長も生き返ったようです。

広報委員会の皆さんの力を借りて無事に終了!

 

学会は、いろいろな方と出会うことができます。

そして、自分の発表に関して意見を交換することでさらに自分のやっていることが良くなりますね。

新しい知見も勉強ができ、すぐに明日からの実践に生かしていけそうです。

(中村会長)