<< 日本と欧州の認知症ケア最新情報 | main | シンガポール訪問記(小学部クレメンティ校編) >>

シンガポール訪問記(中学部編)

5月の中旬、日本はさわやかな風薫る頃、常夏のシンガポールに行ってまいりました。

ここシンガポールはかつて居住していた思い出の地でもあります。

東南アジア随一の先進国であり、高層ビルが立ち並びます。

2年ぶりの訪問でしたが、知らない地下鉄の路線ができていたり、道路が新しくなっていたりと日々変化を続ける都市です。

 

さて、そんなシンガポールには日本人が36,963人(H27在シンガポール日本国大使館発表)が暮らしています。そして日本人学校が3校(小学部2校・中学部1校)あります。その他にも日本人幼稚園や、とある大学系列の高校があります。在留邦人は年々増加しており、それに伴い、日本人の児童生徒数も年々増え続けています。

 

そこで、古巣でもあるシンガポール日本人学校の保健室をアポなし?!取材させていただきましたので様子をお届けします。

 

<中学部編>

中学部はシンガポールの南西側に位置しています。生徒数は482人(H28:学校HPより)

休み時間にお邪魔させていただきましたが、来室者はゼロでした。広くはありませんが、整然として、落ち着いた雰囲気の保健室です。

 

生徒について養護教諭の平塚先生にお伺いしました。

「学力は高いです。生徒の多くは塾通いをしており、寝不足もあり疲れています。体力面では、部活動も曜日が限られており、日本ほど運動の機会が多くないことから、日本の平均を下回るなど体力は劣るのですが、優しく頑張り屋が多く、何事にも一生懸命取り組む生徒が多いです。」

 

平塚先生は、寝不足で疲れている、という健康課題を解決すべく、昨年度昼休みにお昼寝の時間を設けるなどの対策を行ったそうです。生徒からの反応もよく、今年からはさっそく年間計画に組み込んで学校全体で実施する予定だそうです。

この対策は管理職とも連携を取り合い、常に健康課題を共有しあっているからこそなんでしょうね。慣れない外国で暮らす生徒の健康について一番に考え行動されている平塚先生がキラキラして見えました。

中学部の平塚先生。突然の訪問であったにも関わらず、快く迎えてくださいました。ほんわか柔らかい雰囲気の中にも芯のある素敵な方でした。ありがとうございました。

 

次回は、アイディアいっぱい小学部の保健室です。お楽しみに。

(黒田)



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM