<< ブタもおだてりゃ木に登る | main | 「広瀬ます」の足跡をめぐる旅(その2) >>

「広瀬ます」の足跡をめぐる旅(その1)

養護教諭なら誰もが知っている「広瀬ます」(1884-1935)。

公費による学校看護師第1号とテキストにも書かれています。

テキストに載るほどなのだからカリスマであるには違いないのですが

どんな活動をされていたのかはよく知りませんでした。

 

そこで今回の「カリスマ養護教諭を巡る旅」のターゲットを「広瀬ます」先生に決めさせていただきました。

 

「ます先生」が活躍されていたのは岐阜県岐阜市。

まずは、勤務されていた京町小学校を訪れました。

ご覧の通り、近代的な学校と公民館が建てられていました。

残念ながら、ますの足跡は見られませんでした。

 

京町小学校は住宅地にあり、周りは昔ながらの細い道が入り組んでいました。

きっとこの地域の方々にも愛されていたのではないでしょうか。

手がかりがつかめず、後ろ髪を引かれつつ次の地へ移動しました。

 

京町小学校は2008年、金華小学校と統合し、岐阜小学校となりました。

岐阜小学校にも行ってきました。

岐阜小学校の児童昇降口には「まず健康」の文字が掲げられているとか・・・。

伺ったのは土曜日でしたので、残念ながら外から眺めるだけでした。

 

スタートはこんな感じでなかなか広瀬ますの情報をつかむことはできません。

広瀬ますが亡くなって既に80年が経過しています。

しかし、業界の偉人ですから歴史的資料が残されているはず!

次は、それらを探しに行くことにしました。

 

そのレポートはまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM