<< 「しぬまでおともたのしんで」 | main | スキルラダー研修会を開催しました! >>

「理解」と「対応」はセットで。

東部地区学校臨床研究会 ワークショップに参加しました。

講義「発達障がいのある子どもの理解と対応」では、香野毅先生(静岡大学)、午後は事例検討会、情報交換タイムでした。

香野先生の講義では「私の最優先は【家族との恊働的関係の構築】です」という言葉が、印象に残りました。(スライドは香野先生の講義より)

 また、理解だけではダメで、それに伴う対応が必要なことなど、改めて発達障がいを学ぶことができました。

 情報交換タイムでは、SLIPER名刺を配り、参加者のスクールカウンセラー、中学校教員、高校教員、通級指導教員、他校養護教諭などの方々と顔の見える関係を作りました。

(中村)



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM