おもけんワークショップに参加!

秋の日差しが…暑い。なんでしょうか、10月だというのに、今日の静岡は30度ですよ。

楽しかった3連休も終わり、疲れ切った休み明けを迎えていませんでしょうか。この暑さをエネルギーに変えたいところですね。でも暑いのは苦手なのですが。。。

 

さて、先週我らが高橋佐和子先生と伊藤純子先生による『おもけんワークショップ』が開催されましたので行ってきました。

おもけんとは、おもしろ教育研究所の略。なんだか面白いことが起こりそうですね。

 

今回のワークショップのテーマは「子育て情報をパパとママに届ける、おもしろい方法を考えよう」。

面白いことを考えることは大好きです。ワクワクしてきました!!

こちらが、おもけんのお二人。

 

今日の予定と目的。ブレストを中心としていますね。でも、え?破壊ブレストって?C×3BOOSTER®?さらにワクワクです。

 

楽しく面白く子育て情報を伝えたい。でもいろんな方法を試してみてもなかなか伝えたいことがに多くの人に届けられない。どうしたら伝わるのだろう、そんな問題意識から今回のテーマが提案されました。

 

6人グループで話し合います。まずは、さっき気になっていた、破壊ブレスト。どうしたらよくなるか、ではなく、どうしたらこのテーマを失敗させられるか、を考えるという発想の転換からのスタート。

面白いことを考えることが大好き、などたわごとを言っていた私も、ちょっぴり思考停止。え?どうしたら失敗するんだろう。考えたこともありません。最初から頭の固さに呆れます。しかも周りの方々が積極的に意見を出している姿にも尻込み。でも大丈夫。一度発言したら、大喜利的気分になってきました。「会場がめっちゃ遠い」「一人で必ず来てねと言う」「事前アンケートが100問くらいある」・・・楽しくなってきました。

 

次は、破壊ブレストを布石として、成功させるためにアイディアを出します。でも、自由な発想は欠かせません。初対面の方ばかりでしたが、ここまでくると、そんなことは全く気になりません。おもけん謹製のアイデアをたくさん出すためのアイテム(カード)を使いながら、相手の意見を参考に自分の意見を乗っけていきます。脳が温まってきた感じがします。

 

ここまで出たたくさんのアイデアをイメージとして集約していく個人作業にうつります。絵や文字で表現していくことで、自分の中でまとまっていくのがわかります。

みんなの意見を共有し、もっと深めていきたいアイデアを3つに絞り、さらに、アイデアを深め、それを実現するためのコストや新規性や収益などについて現実的に考えていきました。

 

どんな意見にまとまっていったかは、今後の浜松市に期待してください!ということで。

 

最後にC×3BOOSTER®のご紹介

こんな感じのおしゃれなカードです。めくると、数々の質問が書かれています。

開発者のおおばやしあやさんもゲストでいらしていました。

今回のような、初対面の人と自由にアイディアを出し合うような場、イノベーションには心理的安全性が必要です。相手をカテゴライズしない、内面を見るために作成したカードだそうですが、もともとは差別をなくすゲームとして開発されたとのことです。

実際にこれを使用することで、緊張がほぐれ、相手に自分を知ってもらい、それを受け入れてもらうことができたと感じ、とても話をしやすくなりました。

 

参加者は、市役所の方や、営業職の方、大学教員、子育て関連のNPOの方、僧侶、学生、そして主婦に至るまで、いろんな方が参加していました。普段話すことのない方と出会えたことも刺激になりました。

 

おまけ。自由な発想をお手伝いしてくれる、茶菓子とお茶。

うん、雰囲気作りも素敵です。

(加藤)

 

 

 

 



真夜中は別の顔じゃなくて、真昼間は別の顔

DJ佐和子は公衆衛生看護学会でも大活躍。

まずは、学術実践開発委員会の一員として、公衆衛生看護学体系の構築というテーマのワークショップを行っていました。

ワークショップ開始前には、会場前で呼び込みをする姿が輝いていました。

開始後は、テーマが看護学体系でしたので、やや輝きは鈍っていました(残念ながら写真を撮り忘れました)

続いて、同じ大学の伊藤純子先生のアシスタントとして、人と人を「つなぐ」支援技術を考える 地域づくりを支えるコミュニケーションツールの活用というテーマのワークショップに登場です。

中村会長は以前にも「おもけん」の講演会に参加したことがありますが、http://ski.skill-ladder.com/?month=201606

今回は、保健専門職の地域づくり、組織づくりを支援するツールの紹介です。

またスペシャルゲストとして、Cx3BOOSTER(シースリーブースター)の開発者であるおおばやしあや氏もいらっしゃり、シースリーブースター開発秘話も伺うことができました。

こちらは大林さんのフェイスブックページです。ワークショップでの様子が紹介されています。

https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSAI.201503%2Fposts%2F1073011682828619&width=500

 

科学的なエビデンスの裏づけによって開発されているところも納得の一品です。http://s-a-i.fi/ja/

写真は、シースリーミニです。



「おもけん」にホームページができました!

おもしろ健康教育研究所にホームページができました。

学校や職場で開催される講演や研修って大切だけど、本音は「むずかしい、退屈、めんどう」って思ってしまうこと、多いですよね。おもしろ健康教育研究所は、そんな皆さまの声にお応えして、「大切な健康のお話を、居眠りする暇がないくらい、わくわくいっぱいの楽しい学びの場にしてしまおう!」と、2011年から活動を開始しました。


メンバーは、健康づくりの専門家である聖隷クリストファー大学看護学部助教であり、「健康女優」高橋佐和子、「健康脚本家」伊藤純子の2名。

講演の特徴は、聴き手に「正しいこと」を「するべき」、「やるべき」と押し付けないこと。

そして、ちょっぴりやんちゃでとんがっています。

「わかっているけど、できないよね」「やらなきゃいけないけど、めんどくさいよね」の気持ちを、まずはゆっくり共有することからスタートします。

 

興味のある方はクリック!!

http://www.omoken-works.com/



「ザワザワ」

思春期学会で「おもけん」のお二人が堂々口演発表。

DJサワコのスライドが映し出された時は、会場がザワザワっとしました。

そう、それだけ、聴講者の反応があったということです。



チームづくり@セミナーに参加してきました

おもけんは、高橋さんと伊藤さんのユニットです。

「仕事上手は、ほめコミュニケーション上手」というテーマに引かれ、浜松に遠征してきました。

 

ケアマネ佐和子として登場し参加者の度肝を抜きました。

ジャージ、ポロシャツ(ポロシャツはちゃんとズボンに入れる)アルアルです。

 

伊藤さんとの掛け合いで会場に笑いをもたらします。

Homeyというお金まであります。

 

面白い中に真面目なテクもちりばめられています。

 

おもけん人気すごいです。100人ぐらいいました!

 

講演後、質問を受け付けるお二人。人集りができていました。

 

「笑認力」を自分の職場で実践できそうです!



健康女優高橋が、英語論文掲載!

健康女優高橋が、英語論文掲載!

いよいよ世界からオファーか?

学校保健研究2016.58(2)の巻末に掲載されています。

 



おもけんワークショップ開催決定!

昨日、スキルラダー研究会主催の研修会、「養教G」のご紹介をしたところですが↓
http://ski.skill-ladder.com/?eid=273

本日は、メンバーの高橋が大学の同僚の伊藤先生と一緒に活動している
おもしろ健康教育研究所のワークショップ開催のお知らせをいたします。

おもしろ健康教育研究所(通称:おもけん)は、
思わず耳をかたむけたくなるような、楽しい健康づくりの講座を広めようと、
2011年より活動しています。
活動場所は、学校や企業など、子から大人までどんな対象にも対応しています。
「わかっているけど実際に行動には移せない」「いい話でも、退屈でむずかしい話は聞きたくない」という気持ちを、
参加者の皆さんと分かち合うところから講演がスタートします。

今回は、大学主催の公開講座に登壇します。
テーマは、「働くモチベーションを生み出すチーム作りー仕事上手はホメニュケーション上手ー」。
対象は、医療・福祉・教育に関わる専門職の皆様です。

「職場の人間関係の風通しを良くしたい!」、「仕事への情熱が持てない・・・。」
そんなあなたにぴったりの講座です。

コミュニケーションの楽しさ、人間関係から生まれるモチベーションの心地よさを
おもいだしてみませんか?

参加申し込みはこちらから↓↓
http://blg.seirei.ac.jp/healthscience/open_lecture.html 

養護教諭のみなさんのご参加をお待ちしております!


(高橋)
 


おもけん新聞デビュー

時々こちらのブログで紹介させていただいている
「おもしろ健康教育研究所」(略して、おもけん)が
新聞に載りました!

とは言っても地方版なんですが・・・。

活動を理解してくださった新聞記者さんが
取材に来てくださいました。

これからもコツコツがんばります!

おもけんにご賛同くださる方は是非「いいね!」ください↓
https://www.facebook.com/omoken5209/



 


ホメッセージふせん

おもしろ健康教育研究所からホメッセージふせんをいただきました。

スゴイ! ステキ! さすが! すばらしい!にチェックをつけて使います。

早速使ってみますと、「おもしろいね」「はじめて見た!」と子どもも、大人も反応上々です。

—ほめ心得—

ほめるとは、良い所をみつけて言葉にして伝えることです。

インフルエンザが流行中の保健室の予防方法は、笑って免疫力アップです。ホメッセージふせんを使うと笑顔が返ってきます。


なお、おもしろ健康教育研究所について興味がおありの方は
こちらをご覧ください。↓
https://www.facebook.com/omoken5209/

(中村)

 



新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

SLIPERメンバーの高橋が所属する「おもしろ健康教育研究所」が作成した
イメージビデオです。
初笑してください。



本年もSLIPERをどうぞよろしくお願いいたします。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM