教えて達人12月のまとめと1月のテーマ発表

教えて達人への投稿ありがとうございました。

 

12月のテーマは「登園(登校)許可証の提出」でした。(http://b.ibbs.info/sliper201812/

 

まとめはこちら↓


 

【SLIPERより】
 学校では学校保健安全法で定められた学校感染症に罹患した場合、同法施行規則第19条より出席停止期間の基準を定めています。しかし、公益財団法人日本学校保健会のホームページなどによると「この出席停止日数はあくまでも基準であって、全ての感染症においてこの期間を出席停止とするべきということではない。病状により学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めたときは、この限りではない」との記載があります(https://www.gakkohoken.jp/special/archives/121#2-1)。
 では、いつから登園・登校を再開しても良いのでしょうか?出席停止期間の基準は、日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会より発行されている「学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説」(http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/yobo_kansensho_20180726.pdf)などにも書かれていますが、「罹患者からのウイルス等の排出により、他人へ感染させてしまう可能性がある期間」として臨床研究などより導き出された日数です。そして、これらの学校感染症は法律で規定されているため、出席停止という処置がとられた場合には個人の判断ではなく、学校医等の医師の許可を得て登校を再開すべきという理由から登校・登園許可証の提出が求められます。
 しかし、この許可証の提出は自治体や学校によって対応が異なり、地域によっては許可証の書類作成費用が保護者の経済的負担になっているという現状があったり、実際に子どもたちを診察している小児科医や内科医からも「発症時はインフルエンザなどを確定するための仕方ない受診だが、登校許可証をもらうためだけに感染症が流行して混雑している病院にもう一度来てもらうのは保護者も医療機関も負担が大きい」との意見もあります。
このような背景から、昨年開催された第26回厚生科学審議会感染症部会において、2018-2019シーズンから職場や学校に対し「医療機関に季節性インフルエンザの治癒証明書や陰性証明書発行を求めることは望ましくない」との見解が示されました(厚労省公式サイトの「インフルエンザQ&A」https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html)。
 また、2018年4月に厚生労働省が発行した「保育所における感染症対策ガイドライン」(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000201596.pdf)では「感染症に罹患後の登園の再開について一律の作成・提出は必要ではない」との記載があり、登園を再開するにあたり疾患の種類に応じて「医師が記入する意見書」または「保護者が記入する登園届」を保護者から保育所に提出するという取扱いが望ましいとの見解を示しています。
 よって、上記のような実情を考慮しながら、保護者へ他者への感染力のある期間はいつまでなのかを明確に伝えるとともに、学校生活に支障がない程度に健康状態が回復してからの登園・登校を促すようにすると良いと思います。また、保護者の文章料の負担が原因で書類が出ないのであれば、無料で書類を作成してくれる契約病院を増やしてもらうなど、教育委員会などへの働きも必要になると思われます。

 


1月のテーマ発表  「手洗いは、固形石けん!?」 
 

 

投稿はこちらまで→http://b.ibbs.info/sliper201901/



第57回スリッパ定例会議

明けましておめでとうございます

皆様におかれましては お健やかに平成31年の新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます

 

さて、スリッパは今年も年明け早々、メンバーが集って定例会議を開催いたしました。

なんと第57回目。

 

議事は教えて達人事例検討、スキルラダーの内容検討、公衆衛生看護学会でのワークショップの打ち合わせ、今後の研修会の確認、そして恒例の『面白い話』でした。

さあ、面白い話をどうぞ、と言われてもなかなか言えるものでもないので、凡人の筆者は聞く専門だったりしますが、いつも楽しい話題にあふれております。

 

今回のおみやは・・・

メンバーのこの冬休みの充実が伺えるバラエティあふれる内容です。

ごちそうさまでした。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 



第6回養護教諭のスキルラダー研修会開催!!

みなさま、今年も早いもので年の瀬を迎えております。いかがお過ごしでしょうか。

さて、SLIPERでは、恒例の養護教諭のスキルラダー研修会を開催いたしました。もう第6回目となりました。

 

中村会長のスキルラダーの説明からスタート。

 

スキルチェックの体験、シェアリングで共有しました。

 

お昼はコンバテックさんのランチョンセミナー。

 

創傷保護資材のサンプルもいただきました。

 

続きまして、午後は我らが荒木田顧問の講義とワークショップです。

 

 

ご参加の皆様、どうもありがとうございました。参加者のかたの感想では、今まで参加した研修会で一番よかった、など大変うれしいお言葉もいただきました。

実りの多き研修会でありました。

 

JUGEMテーマ:教育



顧問のお誕生日を祝う

7月の定例会議は、小田原キャンパスにて開催。

教えて達人の話し合いや、研修会後の反省などメインに行いました。

 

そして、毎年恒例!荒木田顧問のお誕生会を併せて開催しました。

 

荒木田顧問、研修会の後なので、内臓Tシャツを着用されていますね。。。

そして、会議が始まるや否や、何かに夢中でございます。

 

それは、大量の柑橘系フルーツ。(なんていうみかんか忘れてしまいました)

先生は、この果物がお好きだそうで、研究室にいつもストックされているとか。

先生自ら、メンバーに配付してくださいます。

 

こんな感じ。

と思ったら、「その袋も剥きましょうか」と再度回収の上、こんな感じに・・・↓

なんということでしょう。ちょっとかわめくるの面倒だな、と思っていたところ、ここまでしてくださるとは!!!

この光り輝くみずみずしい果実。

しかも、今日のお誕生日のメインゲストですのに!!

 

フルーツの後は、みんなで荒木田顧問のお誕生日をお祝いいたしました。

 

『荒木田顧問、お誕生日おめでとうございます。

ますますのご発展とますますの美貌を。そして、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。』

スリッパメンバー一同より

 



山口県養護教諭会の研修会に行ってきました!

山口県養護教諭会なつみかん 

スキルラダー研修会の講師としてお招きいただきました。

土曜日の開催にも関わらず、山口県養護教諭会役員、研修委員の方々の参加と伺い、あれやこれやと何を話そうかと飛行機の中でも考えていました。

研修会は15時からだったため、会長の重政先生とランチをしながら、山口県の活動、そして、中村が何を話すと参考になるのか、逆に、達人である重政先生に逆質問をするという有意義な時間を過ごすことができました。お宝いっぱいもらい、すでに山口に行って満足感を持ちつつ、皆さんの待つ宇部高校へ。

山口県養護教諭会では、チームとしての学校における養護教諭の役割をベースに、キャリアステージに応じたスキルについても考えていく方向で研究を進めていく予定があり、「スキルラダー」に行き当たったというわけです。

スキルラダーの基盤となる「養護教諭のコンピテンシー」の研究にも触れ、スキルラダーの成り立ち、目指すものをお話ししました。

みなさん、私と同じ現職養護教諭ですので、話が早い! 実践の中に答えがあり、実践から導きだしていく。そして、また実践に還元していくなどの中村の話に「うん、うん」と、うなづいていただけるので、中村も、テンポが上がり、いつもより、自分自身の失敗談を言ったり(笑)。共感していただき、居心地がよかったです。

山口県では、養護教諭の仕事に関するハンドブックを作成する予定があり、準備中とのこと。

養護教諭の仕事を形にしたいという強い気持ちに私もパワーをいただきました。

 

 

そして、実施にスキルラダー(救急処置)のワークを体験していただきました。

研修委員の皆さんとパチリ。

おもてなしの心がいっぱいの綺麗なお花もいただきました。

「ぶち楽しかった!」

 

大切に静岡に持ち帰り、保健室に飾っています。

保健室で過ごす子どもと「山口県」を地図で調べたり、方言や、特産品を調べ、山口県に思いを馳せていました。

このような機会をいただき、ありがとうございました。

 

(会長中村)

 

 

 

 

 

 



保健室登校、どうする? 教育ZINE

保健室登校、どうする? ベテラン養護教諭が教える対応のポイント が、明治図書のWEBマガジン

教育ZINE に掲載されました!

これを読んだ達人教師からは、「私なら最後にこう付け加えます」とメッセージをもらいました。

「また、その経験があなたの教職人生を豊かに導き、励まし続けてくれることでしょう。」

子どもたちの苦しみや悩み、その生き様に導かれていると思うこと、それが私たちの責任でありプライドだと最近よく考えます。

 

私はこのメッセージを読んで、その通りだ、まだまだ私に足りないところだと思いました。

 

この記事を書く機会を与えてくれた明治図書の方に感謝いたします。

スキルラダー研究会のHPを見てオファーをくださいました。

 

 

 



素敵。赤坂キャンパス

初の赤坂キャンパスでのスリッパ会議の開催です。

なんだか自分まで赤坂な女性(都会的?)になった気がします。

会議室からの眺望もビル群に囲まれているかと思いきや、下に目をやると豊川稲荷東京別院が見えます。

ビル群の中にも緑が見えるのです。

抜群の環境の中、会議も大いに盛り上がったような気がしますが、議事録を読んでみると、一番の盛り上がりは、おもしろい話(正式な議事です)、内山グローバル部長による、渋谷すばる、関ジャニ脱退だったかもしれません。

サザエさんのお菓子も登場し、荒木田先生のサザエさん一家の家族図を授業で使っているなどの話も出ました。

ということで場所は変わってもやっていることはいつも一緒なスリッパ会議。

会議が終わり大学の外へ出ると、機動隊の車。

スリッパメンバーは赤坂のおしゃれなお店でディナーをということにはならず、近くの牛タンやさんで定食を食べ、月曜日からの活力を充電したのでした。

 

大好評の養護教諭Gシリーズ研修会の日程が決まりました。

2018年7月22日(日)国際医療福祉大学 小田原キャンパスにて 

2018年12月22日(土)国際医療福祉大学 小田原キャンパスにて

 

 

 

 

 



3月の定例会議開催〜コーヒーに悪戦苦闘〜

毎月行われている、SLIPER定例会議。

しかし、今回は諸事情により、1月・2月は開催できず、2カ月ぶりとなりました。

 

2カ月間温められていたメンバーの想いがあふれ、いつも以上に活発な話し合いとなりました!

スキルラダーの検討や教えて達人の内容検討だけでなく、今後の計画(ご好評をいただいています、来年度のスキルラダー研修会の開催についても)話し合われました。

 

2カ月間温められていたのは、こちらも。。。

みんなにお土産渡そうと思っていたの〜、とたくさんのおやつが集まりました。ウキウキ♪


そして、お飲み物は…

中村会長がアメリカで購入したコーヒーなのですが…ん?

これは、どうやって使うのでしょうか。専用の機械に装着して使用するものだったようで…でも、そんなことではコーヒーを諦めたくない!!

 

試行錯誤々嗅敕銚槎笋砲茲覦

蓋をとり、割りばしで支え、湯を注ぐ。

結果→少しずつしか湯が注げないので、時間がががる。

 

試行錯誤中村千景先生の案

そのまま湯につける

結果→薄い麦茶のようなコーヒーしか出ない。

 

問題解決学習のような試行錯誤を経て、私たちが出した結果は・・・「諦める」

そんなことをしていたら、荒木田先生が研究室からこっちのコーヒー飲んで〜ととってもおいしいコーヒーを出してくださいました。。。

とってもおいしいラテをいただきました。

 

今回もとってもおいしく?いや楽しく?いやいや、それだけでは終わりません。佐和子先生のやっていらっしゃる「おもけん」の面白くてためになる性教育の新作を見せていただき勉強させていただくなど、実りの多い研修となりました。



双子かと思ったよ。

教育保健学会in日体大

内山准教授と双子かと思いました!カメラを向ける中村会長とは初対面にも関わらずひょうきんな白子先生。ポーズを決める白子&内山先生です。楽しい学会であることが伝わってきますね。

さすが、オリンピアン養成大学ですね。

座長をつとめる中村千景准教授。余裕の笑み!

懇親会では、内山准教授と中村千景准教授が二人で司会をしていました。

懇親会では、現職の養護教諭や、養護教諭養成大学の先生、保健体育養成大学の先生、子どもの健康に関する研究をする大学の先生などなどと交流することができました。

写真は食べているところですが、ちゃんと司会をしてました〜。名司会でした!

今回スリッパからの発表はありませんでしたが、養護教諭の方も参加する学会ですので、チャンスがあれば発表を試みたいと思います。

(中村会長)

 



1歳の時の保母さんと会う(中村会長)

教育保健学会に行ってきました!

縁あって今回、中村会長(私)が1歳の時の保母さん(田中先生)がシンポジストとして登壇しました。控え室で野井学会長とシンポジストの3人とパチリ。みなさん、「子どもの健康を守り育てる」ことに尽力されている方々です。

「子どもの育ちを保障するために何が必要か」と考える時、保育の現場では保護者を支えることが一番大切であると思う。

「大人が変われば子どもも変わる」とはよく言われることだが、保育現場にいて一番感じるのは「子どもが変わると大人も変わる」ことである。と田中先生は話されていました。私は、田中先生に愛情をいっぱいかけてもらったので、私の親も変わっていったのだなあと改めて思いました。卒園後も年賀状のやり取りが続き、ここ数年は年に数回お会いするようになったりフェイスブックで近況を報告しあったりしていました。

講師控え室では、私の子供時代、「昼寝をしたくないといって園庭に布団を持ち出して昼寝をせず手こずらせた」「ごめんなさいが言えずに押し入れに入れたら、出せと言って大泣きし、押入れから出ていいと言ったら今度は、絶対出ないといって手こずらせた」という話も披露され、このシンポジウムの体現が、中村会長だ、ということに。今の私があるのは本当に田中先生のおかげです。

シンポジウムのコーディネータは、内山グローバル部長(またの名を東洋大学准教授)でした!

 

 



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM