なぜナイフがないの?

Why is there no knife?

It is lunch.

マレーシアでの初めての食事です。

日本を22時に飛び立ち、14時間後、空港からそのまま会場に来て、着替え、ヒジャブを被り、VIPとして食事の席につくという、予想もしない展開に、戸惑いつつも、イスラム文化に早速触れ、驚きの連続です。

まず、お酒は出ません。男性陣も甘いジュースを飲んでいます。乾杯などもなく、食べ始めます。フォークとスプーンを使うそうです。ナイフはないのと聞いてみますと、ないそうで、皆さん、ナイフなしでも上手に肉も魚も綺麗に食べていました。私は、「はし」が欲しいと言いたいところでしたが、郷に入っては郷に従え、フォークとスプーンで頑張りました。骨つき肉を手で持って食べていいのかなども、隣の席の方に聞きました。手で持って食べても良いそうですが、同席した円卓の人は誰もしていませんでした。

また、イスラムでは左手は不浄、右手で、食事をする(素手)方もいます。

中華の円卓のような仕組みで、テーブルを回して、好きなだけとります。

一説によると、旧宗主国(イギリス)の影響とのこと。(ナイフで殺傷事件があり、その後禁止された)

食事の場面だけでもなぜ?なぜ?と興味深かったです。

日本の国の花は何か?と聞かれ、答えられなかったり、、、。恥ずかしい、、、。桜です!!

英語ができるようになる以前に、自分の国のことを知らなければ、と反省。そこで便利なのがスマホです。すぐに調べて、写真を見せ合いました。

 

空港で見たトイレのポスターに話を向けると、トイレを清潔にというキャンペーンの一環だそう。

「トイレに夢と希望を捨てても良いけど、ゴミは捨てないで」と書いてありました。

さらに便器が四角なのはなぜ?

このことは英語力不足により、聞けませんでした(笑)

 

ラブアン 報告3終わり。

次に続く、、、。

 

 

 



成長のための教育

HEALTHY STUDENT NEED HEALTHY SCHOOL ENVIRONMENT -EDUCATION FOR GROWTH-

健康な児童生徒に必要な健康的な学校環境ー成長のための教育ーについて発表しました。

 

まずは会場で準備!

いよいよ発表です。

内山グルーバル部長からは、日本の子どもの健康状態の現状について

 

・身長と体重の70年間の推移

・肥満と痩せの40年間の推移

・う歯の70年間の推移

・視力の40年間の推移

 

聴講者は、このような統計がある日本に驚いていました。

 

中村会長からは小学生の1日を動画で紹介。

内山G部長から、保健室と養護教諭の職の説明。

中村会長からは保健室の設備や様子を説明。

特に、朝の運動、給食、掃除について、質問がありました。

 

・朝の運動は誰の責任で行うのか。

・掃除をさせることについて、保護者をどう説得したのか。

・登校時に同じものを背負っている(ランドセル)のはなぜか

・メンタルヘルスの問題やいじめについて日本はどう対応するか。マレーシアでは、コンディション(気分)を全校生徒にアンケートできくことはある。本人を呼んで話したりすることはない。

・メンタルヘルスに対応する人に資格はあるか。

・養護教諭は1日保健室にいるのか。

 

皆さんならこの質問にどう答えますか?

 

→日本人で普通に行われている活動が、外国から見ると驚きをもって受け止められます。

日本の学校の良さを再認識することにもなりますが、なぜ?と言われ、なぜなんだろうと考え直すよい機会になります。

マレーシアには保健室はありません。休養室はあります。養護教諭という職種はありません。では、どうやって子どもの健康問題に取り組んでいるのでしょうか、、、、。

※学校視察についても後日報告します!

 

会場では高校生がマレーシアの歴史についてブースで発表していました。

 

 

 

 

 

ラブアン 報告2終わり。

次回へ続く、、、。

 

 



マレーシア国営テレビで放送

Malaysia  National broadcasting!

We were broadcast on TV.

なんと LICER  LABUAN 2019 (1−2November)  の様子が、TVで取り上げられました。

LICER (International Conference on Educational Research)

https://www.youtube.com/watch?v=7a37xmb0B4U&feature=youtu.be

1分26秒ぐらいに、中村会長がCertificate of Participationを受け取る映像が出ています。

左から議会議長、DATUK ROZMAN BIN DATUK HJ ISLI

内山グルーバル部長(東洋大学)、教育庁長官 RAISIN BIN SADIN,A.D.K

ラブアン 教育委員会教育長 KHAZIYATI BINTI OSMAN

 

 

マレーシア、オーストラリア、ブルネイ、日本、オマーン、シンガポールからの参加者がありました。

Malaysia,Australia,Brunei,Japan,Oman,Singapore

 

 

詳しい実況は、次へ続きます。

 



10月の定例会議開催

いつ衣替えをしていいのやら悩む今日この頃です。しかし、この日の東京は涼しかった。

さて、第64回定例会議を開催しました。

 

今日のおみやから。。。

各地のおいしいものが集まります。これが一つの楽しみ♪

 

今日の会議は毎回の議題の一つである「おもしろい話」から。

あるメンバーのお母様のお話。

帰省した時に、母と話していると「私カピバラ食べたの!」

「カピバラ!!」

「そう、今はやっている」

「!!!」

勘のいいみなさんならもうお気づきの通り「タピオカ」と「カピバラ」を間違ってしまっているのですねぇ。

かわいいお母様です。。。

 

そして『教えて達人』や次回の研修会の検討を行いました。

次回12月の研修会のお知らせはこちら→http://ski.skill-ladder.com/?eid=558

内容も新たに「ケースマネジメント」を視点に、支援計画の作成方法や事例検討会の持ち方などについて学べます。

これまでのスキルラダー研修会にご参加くださった方も参加できます。

参加者募集中!

 

キャリアアップに活かす!養護教諭のスキルラダー

スキルラダー研究会著 ↑上記2冊も好評発売中です!

 

では、皆様ごきげんよう

 



無事に帰国しました!

We returned to our country safely.

ストックホルムから、パリを経由して無事に日本に帰国しました。

 

移動中(パリ空港)も熱心に意見交換するスリッパメンバー。

14時間の長旅を終え、羽田に着くと、お蕎麦やさんへ。

2年後は日本での開催!

国内外の皆さんと交流できることを楽しみにしております。

 

そして、中村会長と内山グルーバル部長は次の目的地、山口県へ飛び立って行きました。

 

 

 

 

 



インターナショナル・スクールナース学会報告(第5弾)

今日も朝のお散歩からスタート。

香港のリーさん、パウさんとともにヨガ体操も。

 

学会は最終日。

思春期のメンタルヘルスリテラシーについて、将来のスクールナースのあり方についての発表がありました。

いずれの発表でも、エビデンスに基づいたサービスを提供すること、そのためにスクールナースの調査・研修を推進していくことが強調されました。

 

続いて、次回の開催国の発表です。

2021年開催国は、日本に決定しました!

面澤先生が中心となり、我々もプレゼンを少しだけ手伝いさせていただきました。

 

「日本で会いましょう!」を合言葉に大会が終了しました。

 

2021年に日本で開催される、インターナショナル・スクールナース学会にスキルラダー研究会はもちろん参加する予定です。

世界の学校保健に触れることは、実践の幅や視野を広げる良いきっかけになると思います。

日本の養護教諭のみなさんもぜひ一緒に参加しましょう!

 



インターナショナル・スクールナース学会(第5弾)

今日も朝の散歩からスタート。

雲ひとつないいいお天気。何かいいことが起きそうな予感がします。

 

今日のはじめの発表は、スエーデンの性教育についてです。

女性の体や同性愛への理解を促す動画が紹介されました。

性教育でも、子供達自身が考え、話し合うことを大切にしているとのことでした。

 

そして、今日もポスターセッションがありました。

トレードマークとなった青いポロシャツをきて、スキルラダーを世界のスクールナースに紹介しました。

 

夜は、カンファレンス・ディナーでした。

 

歴史的な建物や動物園が併設されているスカンセン内のレストランに参加者一堂が集まり、交流を深めました。

 

この会で優秀ポスター賞の発表があったのですが。

なんと!スキルラダーのポスターも受賞しました!!

スキルラダーの国内外での発表を始めて何年かたちますが、このような栄誉をいただいたのは初めてです。

 

副賞もいただきました。

 

これからも、コツコツと活動を続けて行きたいと思います。

 



インターナショナル・スクールナース学会報告(第4弾)

大会2日目です。

朝のお散歩からスタート。

気持ちよく晴れ、澄んだ空気を深呼吸。

 

初めの講演は、「WHOのヘルスプロモーティングスクールの作り方」です。

WHOホームページで、国や世界レベルと比較、アクションプランの参照ができるそうです。

また、エビデンス構築のための調査も実施中とのことでした。」

 

続いて、スエーデンの子どもの健康実態について。

生活満足度は高いのですが、学校が好きではない子どもが多く、いじめも増えているそうです。
体調不良を訴える子どもの数は1980年の2倍となっており、日本と同様に、メンンタルヘルスが大きな課題とのことでした。

 

スエーデンの教育について。

 

義務教育は6歳からで、プリスクール1年、小学校6年、中学3年の10年です。
各学校には、スクールヘルスチームが置かれており、スクールナース・スクールドクター・スクーリサイコロジスト・スクールカウンセラー・スペシャルエデュケーションティーチャーから構成されています。

 

この後、各専門職が自身の日々の仕事についてお話ししてくださいました。

ここでも子ども中心、子どもの自己決定を重視するという考え方が貫かれていたのが印象的でした。

 

そして、今日のメインイベント、ポスター発表!!

この学会でのスキルラダーの発表は、3回目になります。

各国から、スクールナースのコンピテンシーや役割に関する発表があり、お互いに意見交換で盛り上がりました。

 

 

 

 



確かに悩んでいたな

「教科書に載っていない養護教諭の仕事」の感想を大学の先生からお寄せいただきました。(以下、ご本人の許可を得て転載)

ーーーーーーー 

読みながら,「ああ,そうだよなあ,こんなことあるなあ」「養護教諭の先生,確かに悩んでいたな」と現場でのことが思い浮かんできたり,養護教諭の先生方は「こんなふうに悩んだり考えたりするのか」と発見することがあったりと,とても勉強になりました。
養護教諭の先生方はもちろんですが,学校全体を見渡しながら仕事をされている管理職の先生方や一般の先生方にも読んでいただければ,連携の足掛かりにもなるなあなどとも考えることもありました。
養護教諭の先生方の仕事の重要性と尊さを,先生方が悩みながら努力される姿,それに的確に温かくご回答されている先生方の言葉にたくさん学ばせていただいた気がします。
ときどき卒業生が来たり,連絡をくれたりすることがあるので,おすすめしたいと思います。
また,教員採用2次試験にむけても,参考になるところがたくさんあったので紹介いたします。

ーーーーーーーーーーー

「本にすること」での広がりを感じます。そして、今後も深めていきたいと思います。

ありがとうございました!



インターナショナル・スクールナース学会報告(第3弾)

いよいよ学会が開幕しました!24カ国から180人の参加者が集まりました。

大会長のスーザンさんからスエーデンのスクールナースについてのお話からスタート。

スエーデンのスクールナースの歴史は、75年になるそうです。

子どもの権利、自己決定がとても大切にされていることがわかりました。

 

続いて、WHOの方が、世界の青少年の健康の動向について、データをもとにお話くださいました。

死亡率や死因に男女差や地域差があること、死亡率が下げ止まりつつあることなどを改めて知り、考えさせられました。

 

アメリカのスクールナースアソシエーションからは、スクールナースの質向上に関するお話でした。

スクールナースの実践の枠組みの説明をしているところです。

倫理観やクリティカルシンキング、救急処置技術などのスタンダードの理解の上に、コーディネーション、リーダーシップ、自己研鑽、公衆衛生の知識や技術を用いて、子供や家族を支援するというイメージです。

スキルラダーにも直接繋がる内容で、興奮して聞きました。

 

午後は、病院見学に行きました。

学会役員マリーさんの案内で、バス停まで徒歩で移動です。

スエーデンは、環境を守るために公共交通機関の使用を推奨しています。

地下鉄もトラムもバスも船も乗り放題のパスが安い値段で手に入ります。

私たちも7日間使用できるパスを買いました。

 

バスで約30分。到着したのはこちら、カロリンスカ大学付属病院です。

この病院は、医学系の単科教育研究機関としては世界で最大で、ノーベル生理学・医学賞の選考委員会があることでも有名です。

昨年、建物が新しくなり、外観はまるでホテルのようでした。

小児科を中心に見学をしましたが、院内の写真はNGとのことで、撮影できませんでした。

病院でも、子供自身が治療の意義を理解したうえで、治療を受けることを決めることを大切にしているとのことで、教育でも医療でもこの姿勢が一貫していることに驚きました。

 

しかし、私がスエーデンに来て一番気に入ったのは、fikaという習慣です。

同僚や家族などとお茶をするということなのですが、文化としてとても大切にされています。

職場でも家庭でも、一緒にいる人たちとコーヒーや紅茶を飲みながら、上下関係などの身分や立場の差もなく、おしゃべりを楽しみます。

休憩や余暇としての意味も大きいのですが、コミュニケーションのきっかけとなり、意思の疎通がスムーズになるという効果もあるようです。

私たちもfikaの時間に大会長のスーザンさんにアタック!

中村会長が用意した「崇讃(すーざん)」の書を渡しました。

 

明日以降もfikaで世界のスクールナースとガンガン交流したいと思います!

 

 

 

 

 



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM