知的好奇心を刺激!

We are full of intellectual curiosity.

We went to Stanford University.

翌日の地区踏査は、スタンフォード大学です。

優秀な人材を輩出するスタンフォード大学。通っている学生やツアーにきている人に行きあっても多様な人種です。

静岡県民の中村会長は外国人に会うことは日常的ではありません。多様な人種がいると言われてもピンとこないのですが、スタンフォード大学では肌で感じます。

キャンパスは広大で、杉並区と同じぐらいの面積。野外にはロダンのブロンズが多数展示されていました。

 

スタンフォード大学の近くにあるショッピングモール。

物価の市場調査を兼ねて、ランチ!

ベジタリアンやビーガンなど、食事だけでも多様性を感じます。「おまかせ!」「良きに計らって」というオーダーはできず、サンドイッチ一つとっても、いちいち、あれを入れるかこれを入れるか聞かれることに慣れない中村会長。一人一人違って当たり前だからこそ、選べるのでしょうね。

おもちゃ屋さんでの人形も、肌の色が様々であったり、きている洋服も女はピンク、男は青というようなことはなく、ここでも多様性が明らかです。

色々あって自分で選べることが尊重されていることが生活の中からもわかりました。

 

 

ホームステイ日記おしまい。

 

 

 

 

 



ワイン農場へ@ホームステイ

Survey district, Cupertino,CA

in other words Tourism!

Katy&Tomの案内でワイン農場へ。

地域を知ることは子どもの健康を考える上で重要です。地区踏査!

つまり、観光です(笑)!

あれがシリコンバレー。白い建物が見えます。広大な土地に未来都市があるように思えます。

さらに英語が滑らかになる内山部長。

シリコンバレーを横目に、またまた子どもの健康問題へと話題が進みます。

この景色からはアメリカのニュースとして聞く学校での乱射事件など想像もつきませんが、現実です。

ーーーーーー

自宅に戻り遅い夕飯です。庭でいただきました。蒸し暑くなく、過ごしやすい夜でした。

Katy夫妻には双子のお子さんがおり、二人とも独立しているそうですが、家族の歴史についても話を伺いました。

ホームステイの醍醐味ですね。

 

続く。

 

 

 

 

 

 



ホームステイの魅力

We experienced homestay. SNI program in San Francisco.

7月末に行ってきたインターナショナルスクールナース学会。この学会のプログラムにはホームステイがあります。その報告を書いていなかったので報告します。半年以上たっていますが、想い出は色褪せません。ホームステイができるなんて、海外の家庭の普段の暮らしを実体験できるチャンスと考え、内山グルーバル部長と中村会長でホームステイを体験してきました。

ホストのMs.Katyが空港に迎えにきてくれる予定でしたが、まさかの飛行機の出発遅れ、しかもアメリカ国内線にさらに乗り遅れたため、サンフランシスコ空港には深夜の到着。(この件はこちらのリンクから)

空港到着後、レンタカーを借りて、Katyの自宅へ向かいます。時差や交通事情の違いもどこ吹く風、内山部長は車を走らせます。カーナビに従い、迷わずKaty宅に到着したのは午前2時でした。初めてお会いするのに2時!部屋に案内してもらい、すぐに寝ました。

そして朝食。夫のTomも一緒です。

 

そしてプレゼント!スキルラダー研究会特製、ホネホネTシャツです。

Katyは、カリフォルニア州のスクールナースの元会長と聞いて、ひるむ!、はずもなく、質問を繰り出す中村会長。自分の英語がいまいちのため、内山部長に日本語で質問し、内山部長を疲れさせる作戦です。

・アメリカのスクールナースの制度、およびスキルアップするための研修制度。

→州によって異なる。ナースとして病院で勤務経験を積み、学校看護の勉強を追加してスクールナースとして勤務する。就職してからは研修を行っている。

・子供たちの健康問題。

→虐待、外国人で両親と米国にくるが両親が帰国し子どもだけが残る。転出入が激しい。薬物、若年妊娠、貧困などなど。

何が一番大変か。

→ヘルスサービスをプロバイドすることが大変。複雑な問題がたくさんある。

 

お家の様子

庭に木があったり、水音を楽しめるようになっていたり、素敵なお家です。

 

 

 

続く。



畿央大学でのスキルラダー研修会

古川先生のお招きで、畿央大学にて

スキルラダー研修会を開催しました。

 

京都駅で中村会長と高橋が合流し、

近鉄特急で向かいます。

素晴らしい観光列車が止まっていて、これに乗るのか!

と思ったら、こちらの電車でした↓

ちょっとがっかり・・・。

 

でも、到着すると豪華な昼食をご馳走になりました。

奈良名物、柿の葉寿司です!!

 やる気がモリモリ湧いて来ました!

 

研修会には、2年生の学生さんを中心に、36名の参加がありました。

やる気のある若いみなさんを前に、話に熱が入る中村会長。

 

ヨウキョウストーリーでは、高橋も達人養護教諭役で登場しました。

めっちゃ原稿を読んでますが・・・。

新人・中堅・熟練養護教諭役として参加してくださった学生さんには

スリッパバッジを進呈しました。

学生さんたちは、一生懸命メモを取りながら聞いてくれました。

 

後半は、フィジカルアセスメント研修。

スケスケTシャツをグループに1枚ずつ配布してスタート。

回数を重ねるうち、着こなしもキマってきたなぁと我ながら思う今日この頃・・・。

 

な、なんと!あの岡本先生が子ども役でご登場です。

学生さんたち以上に真剣に研修に演習される姿。

私もかくありたい、と改めて尊敬いたしました。

 

ロールプレイの場面では、実習室のベッドを使い、より実際に近い形で演習に取り組みました。

 

その後の振り返りにも熱がこもります。

 

そしてさいごは、いつもの決め台詞で締めました。

技術がなければ思いは届かない、技術がなければ思いは届かない。

 

学生さんたちの養護教諭になりたい、子どものためになる救急処置技術を身に付けたい、という気持ちを強く感じた研修会でした。

ご参加くださった学生の皆様、遠方から駆けつけてくださった達人養護教諭の皆様、そして何より、企画してくださった古川先生にこの場を借りて、心より感謝申し上げます。

 

 



南魚沼郡市養護教員の皆様ありがとうございました。

早いもので、今年も残りわずか1カ月となりましたね。

さて、スキルラダー研究会は、11月30日に新潟県南魚沼郡市養護教員研修会にお招きいただきました。

真冬には、雪が2メートルほど積もるそうで、信号機も縦に並んでいますね。また、有名政治家の出身地でもあるそうです。

 

今回のテーマは『養護教諭のキャリアアップに活かす「健康相談」のスキルラダー』ということで、スキルラダー11項目のうちの一つである「健康相談」についての解説、また健康相談に必要な力として事例検討に役立つ知識として、ICFの枠組みで子どもの支援を考えてみようという、少し視点を変えたご提案それに関連してジェノグラムやエコマップのご紹介もいたしました。ICFは、医療や福祉の業界のみだけでなく、特別支援教育にも広く浸透しているものです。この考え方で生活機能のどこが制限されていて障害になっているのか、健康状態、生活機能、そして環境因子と個人因子、それぞれの関係性を考えていくことができます。

研修会の様子を見ていますと、参加者の皆様が経験、年齢など問わず和気あいあいとしていて、とても積極的に前向きにご参加してくださった様子がよくわかり、とても印象的でした。

 

スキルラダーで評価をすることは、無意識のうちに行っていた活動について意識化・言語化し、どのような意味があるのか確認するなど、自分の活動を振り返るとともに、さらに深化する活動に目を向けることができます。つい、できていなことに目が行きがちですが、まずはできていることを確認し、さらに足固めしてみてください。できていなことは、できそうなことを頭に置いておおいていただけると、いつか活用できそうな機会がきたときに、すぐに対応できる…かもしれませんね。

研修会では、この自己評価をさらに高めるためにできることを、スキルラダーのご紹介と合わせてご提案をいたしました。

ですが、このスキルラダーの活用法は無限大です。自己評価だけでなく、他者評価(複数配置であれば。もしくは、新採指導者や管理職による)としても活用できます。また、ラダーの項目について疑問なことを年長者に尋ねたり、相談する中で、具体的な知の共有ができるなどします。

 

さて、この後はなんと、養護教員研修会の皆様とお食事をご一緒させていただきました。

やっぱり冬は鍋ですね!この他にもごちそうがたくさん並んだのですが、笑うことと食べることに夢中で撮り忘れました…。

席は誕生日順。とはいっても、勘で自分はこの辺だろうと座ってからの、発表ですとか、みなさんの養護教諭になったきっかけを聞かせていただいたりと、はじめましての方ばかりでしたが、そんなことを気にする暇もなく、楽しませていただきました。どの方も本当に気さくで、やる気に満ち溢れていて、アツい(もちろんいい意味です)。こんなにもいい雰囲気に囲まれて、私たち、まだまだこれから頑張るぞ!と大きな力をいただいたのでありました。

 

南魚沼郡市養護教員のみなさま、本当にありがとうございました。

 

さて次回は、翌日に学校訪問させていただいた様子をお届けします。

(加藤)



府中市の養護教諭の皆様ありがとうございました。

子どもたちの夏休みも終わりに近づく中、残暑厳しい8月の終わりのとある日に、東京都府中市へスリッパメンバー7人全員でお邪魔いたしました。

今回は、朝から1日たっぷりの研修会です。

テーマはケースマネジメント。午前中は、中村会長によるスキルラダーの説明と実際のスキルチェック、グループでの話し合いの活動を行いました。話し合いでは、若手の先生が困っていることについて、ベテランの先生方がご自身の事例を語ることで、ベテランの先生の技をグループの皆が共有し学ぶことができていました。

 

午後は荒木田教授による講義「複数の課題を持つ子どものケースマネジメント」を行いました。複数の課題を考えるときに役立つエコマップなどについて、講義が行われました。

府中市の皆様はとても和気あいあいとしていていて、一体感のある組織という印象でした。皆様とお会いすることができて大変うれしく思いました。

一日という長い時間の研修会ではありましたが、府中市の養護教諭の皆さまどうもありがとうございました。

(加藤)

 

 

 



仙台の養護教諭の皆様ありがとうございました。

皆様こんにちは。ブログ担当加藤が住む街、静岡は昨日38度!全国一の暑さを記録したとか。残暑厳しい日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。夏バテになどなっていませんでしょうか。

そんな暑い静岡を抜け出し、スリッパメンバー高橋先生と助手加藤で、仙台に行ってまいりました。

仙台は、雨が続きずっと最高気温が20度台だったそうですが、お伺いした日は久しぶりの晴れ、そして30度を上回る日となりました。杜の都仙台は大都会でありながら、緑が多くてとてもさわやかな雰囲気のまちです。

 

今回は仙台市の養護教諭の研修会にお招きいただきました。

仙台市では、年に3回スキルアップ研修を行っているそうです!毎回テーマを変えた研修会を開催されているそうで、市をあげて学校保健にとても力を入れていることがわかります。

テーマはスキルラダーとフィジカルアセスメントの内容でした。

 

仙台の方々は本当にお人柄がよい人が多いという印象。研修会では参加者の皆様がニコニコとして受講されていたのが印象的でした。また、研修会をご担当いただいた担当者様のお二方には大変お世話になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。

 

では、また仙台市の養護教諭の皆様にいつかお会いすることができますように。

 

研修会後は、牛タン、冷やし中華(発祥地なのだそう)、ずんだシェイクに笹かまとおいしいものが多すぎる仙台グルメを堪能して帰途につきました。

(加藤)

 

 



男性養護教諭のいま

養護教諭は女性だけではなく、男性養護教諭も人数はまだ少ないながらも、学校現場で活躍していることはすでにみなさんもご存じのことでしょう。

SLIPERメンバーである、帝京短期大学准教授中村千景先生が男性養護教諭について研究されており、その分析結果が男性養護教諭に関する記事の資料として毎日新聞に掲載されました。

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6250004 (平成29年8月10日(木)毎日新聞・ヤフーニュースより)

 

男性養護教諭はまだ身近な存在ではないという方が多いとは思いますが、同じ養護教諭としてその現状について知っておきたいですね。

(加藤)



次回の養護教諭のスキルラダー研修会参加者募集!

皆様、お待たせいたしました。

二日前開催し好評を得ました、『養護教諭のスキルラダー研修会ー養教G 子どもを救え!−』第4回の開催が決定いたしました。まだ、スキルラダーチェックや救急処置スキルアップ研修を体験したことがない方、ぜひ一緒に学びましょう。

(内容はこれまで開催の研修と同じです。一度ご参加いただいたことのある方は、内容が変わりませんのでご注意ください)

 


日時:2017年12月23日(土)10:00~16:00

会場:国際医療福祉大学小田原キャンパス

内容:スキルラダーの概要説明・救急処置スキルアップ研修

参加費:無料

持ち物:筆記用具、聴診器(ある方のみ)、昼食、飲み物(必要に応じて)、動きやすい服装

申し込み:下記メールアドレスへ氏名と連絡先(確実に連絡の取れるメールアドレスと電話番号)、養護教諭経験年数(講師含む)を明記の上、お申し込みください。

【SLIPPER 事務局】 E-mail sawako@skill-ladder.com

※11月30日(木)締め切りとしますが、定員(20名)に達し次第、募集を締め切らせていただきます。

※更なる詳細はチラシを合わせてご覧ください。

 

(加藤)

 



研修会へのご参加ありがとうございました!

7月16日(日)、スキルラダー研究会による研修会を開催しました。

猛暑の中、また三連休の中日にもかかわらず、全国各地から向上心あふれる25人の養護教諭の方々にご参加いただきました。

 

午前中は、我らが中村会長による『健康教室』にも掲載されていましたスキルラダーの解説と、実際に各個人でスキルラダーチェックを行いました。その後ディスカッションを行い、内容についての理解を深めました。

 

午後は、荒木田教授によるフィジカルアセスメントの講習会を行いました。主に聴診器を使用したフィジカルアセスメントの方法を行いました。聴診器を使って診断することが目的ではありません。診断するわけではありませんが、一つでも多く、子どもたちの状態を把握する方法を身に付けたいですよね。

荒木田教授特製の内臓Tシャツを着用して、内臓の位置を確認しながらの練習です。ちなみにこの内臓Tシャツは、参加者へのお土産なんですよ。

 

研修も深まったところで、3グループに分かれて事例を用いたロールプレイングを行いました。

養護教諭役の参加者が体調不良で保健室に来室した設定の子ども役に対応をしていきます。アセスメントは適切か?観察役のその他の参加者が検討していきました。

その中で参加者自身の経験談も語られるなどする場面もあり、こうしてみんなで経験を共有していくことが学びにつながるのではないかと思いました。

 

今回ご参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。

次回の研修会は12月頃を予定しています。参加してみたいけどまだ参加する機会がなくて…という方、ぜひ一緒に学びませんか?詳細は後日お知らせします。

(加藤)

 



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM