けがの手当てに対する苦情が来たときの対応

けがをした子どもの手当てについて、次の日、母親から苦情が、、、。

 

1 母親の気持ちを想像してみよう。

2 我が子だったらと思って接しよう。

3 連絡は早く入れよう。

 

詳しくは、教育ZINEから。



個人・集団に働きかける保健専門職

インフルエンザ流行期に頭痛を訴える子どもへの対応

1 インフルエンザを疑おう

2 複眼的に判断しよう

3 想定される対応を提案しておこう。流行期の合言葉は「疑わしきは早退」

 

詳しくはこちらから教育zine

 

 

 

 



冬になってから、心身の不調のサインが目立ち始めた子どもへの対応

教育zine 第8回目 全文はこちらから

 

小学校6年生のヒロアキ君は、元々不登校傾向のおとなしい男子です。月に2、3回程度の欠席はありましたが、長期欠席はありませんでした。3学期が始まり10日程経ちますが、「朝、布団から出られない」と言ってまだ一度も登校していません。放課後、担任が家庭訪問をすると玄関先でヒロアキ君に会うことはでき、たわいのない会話はできます。冬休み中から、風呂にも入りたがらず、一歩も外出せず、お母さんは常にイライラしていると話しています。お母さんも、担任も、「寒いからねえ…」「またそのうち行くようになる」と言っていますが、私は、このまま見守っていていいのでしょうか。

 

1「いつものこと」を疑おう

2 アセスメントしてみよう

3 判断して、提案してみよう

 

ヒロアキ君の情報を分析すると、体温・血圧・脈拍などに問題なし、「朝布団から出れない」「風呂に入らない」「外出しない」「10日間欠席」ということから、子どもの「心の病気」のサインである「なかなか起きられない」「身だしなみにかまわなくなる」「学校に行きたがらない」に当てはまります。つまり「心の病気」かもしれない。しかし、この情報だけでは、内科的疾患も完全には否定できません。あなたは保健医療職として、自分のアセスメントを充足させるために、お母さんと担任にこう提案してみましょう。
 「私はヒロアキ君の様子を聞いて、心配です。このまま様子を見てよくなるという期待ももちろんあります。しかし、養護教諭の立場からは、『内科的疾患』や『心の病気』も否定できません。私から学校医に相談してみてもいいでしょうか? スクールカウンセラーに聞いてみてもいいですか? もしくは、ヒロアキ君のかかりつけ医に相談してもらえませんか?」

 

 



外部機関との連携

養護教諭の仕事術 教育Zine 第7回目の連載記事。

1どこに誰がいて何が使えるか知っておこう。

2外部機関に一緒に行ってみよう。

3「私にできることはありますか」と聞いてみよう。

 

 

続きは下記をクリックして読んでくださいね。

 

教育Zine 7回目の連載です。

 

 



担任と話したがらない子どもへの対応

 

「サノ先生(担任)には話したくない、どうせわかってもらえない」

と養護教諭のあなたが言われたらどうしますか?

 

詳しくは 教育ZINE 

 

JUGEMテーマ:教育

 



行きたくないのか、行けないのか。

教育zine

 

アドバイス

1「行きたくない」のか「行けない」のか見極めよう

2「どうしたいの?」と本人に聞いてみよう

3 生活点検でルーティンをつくってみよう

 

詳しくはこちらから

 



肥満傾向が気になる子どもへの対応

教育zineの連載第3回です。

小学校4年生のミツオくんは、やんちゃなお子さんで大人に対して反抗的。入学時から肥満です。年々肥満度は増加し、現在は肥満度70%です。そのため肥満の指導が必要なお子さんです。担任からも、毎年の教育面談の折にお母さんへ伝えてもらっていますが、「ミツオに食べるなと言っているが、言うことを聞かない」の一点張りで、お母さんの協力も得られません。続きは教育Zineから。

 



「甘やかさないで」担任から言われたときの対応

1 子どもファーストを貫こう

「保健室で甘やかすから、教室へ行けなくなる」という言葉、保健室あるあるですね。

「つまり、教室に行けないのは保健室のせい!」

詳しくはこちら明治図書教育Zine

 

7月20日よりSNI(スクールナース国際学会)inスウェーデンに出発します。

珍道中の報告をお楽しみに〜。

 

 

 

 

 



仮病が疑われる子どもへの対応

明治図書 教育zineで連載スタート

 

(上記は教育zineから転記)

第1回目はこちらです。  

 

昨年の記事が好評でしたと、担当の方から連絡があり、口車に乗ってしまったのでした、、、。

昨年度の記事はこちら。

 

「連載」それは締め切りに追われる日々のこと。

追われるのでなく、追って、追い越してやるぞと意気込みだけはある、アラフィフの中村でした。

頑張ります。

いつも応援してくださるみなさんに感謝。

 



保健室登校、どうする? 教育ZINE

保健室登校、どうする? ベテラン養護教諭が教える対応のポイント が、明治図書のWEBマガジン

教育ZINE に掲載されました!

これを読んだ達人教師からは、「私なら最後にこう付け加えます」とメッセージをもらいました。

「また、その経験があなたの教職人生を豊かに導き、励まし続けてくれることでしょう。」

子どもたちの苦しみや悩み、その生き様に導かれていると思うこと、それが私たちの責任でありプライドだと最近よく考えます。

 

私はこのメッセージを読んで、その通りだ、まだまだ私に足りないところだと思いました。

 

この記事を書く機会を与えてくれた明治図書の方に感謝いたします。

スキルラダー研究会のHPを見てオファーをくださいました。

 

 

 



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM