パラリンピックで活躍!

Active in the Paralympic Games

My badminton doubles partner is a coach.

She and her students are successful around the world.

中村会長のバドミントンのパートナーの神田さんの教え子たちが活躍中です。

中村会長からはスリムな体を作るよう厳命されている神田さん。

http://ski.skill-ladder.com/?day=20170821

指導する生徒には、体重測定を科しているそうです(笑)

生徒を二人三脚で指導する神田さん、東京パラリンピックでのさらなる活躍を応援しています。

水野友登選手

 

ラジオ 富士コミュニティエフエムに富士市教育文化スポーツ奨励賞のゲスト出演

 

山口光男選手

静岡市内の小学校で「パラリンピックスポーツについて学ぼう」の講演・実技に行って来ました・

(中村富美子)

 



素晴らしい仲間が集まる教職員バド大会

Lucky to have such great members in my team.

I went to Fukushima city. At the All Japan Educators in Badminton.

今年の静岡県チームは、団体戦の成壮年男子、成壮年女子、個人戦に出場しました。残念ながら団体戦は男女共に1回戦で敗退。その日の夜は、チーム静岡で懇親会を開き、課題と対策を語り合う熱い夜を過ごしました。

 

個人戦では、中村会長は40歳以上女子ダブルスで3位入賞。ペアの神田先生が、昨年度ユニフォームがLだったのに、今年はXOとなってしまい、勝利が危ぶまれましたが、銅メダルゲットできました。来年度銀メダルを目指すにはどうしたら良いかと話していましたら、それを横で聞いていた先輩が作戦以前に、神田先生の減量が至上命令に。「命がけで痩せろ」という厳しい言葉に笑顔で「私、頑張る」と応えるのが神田さんのいいところ。写真で二人のユニフォームの色が異なるのはサイズが合わなくなってしまったため(笑)良い思い出です。

全国大会の静岡県事務局長の時森先生とパチリ。試合の合間に五色沼に行ってきました。時森先生は養護教諭なのです。全国大会の広報や取りまとめをいつも笑顔で的確にやってくださいます。

 

色々な方々の力が集まって全国大会は終了しました。

(中村)



お金じゃ買えない部活

5月3日は外部コーチをしている沼津商業高校バドミントン部の静岡県東部地区予選会女子学校対抗戦でした。結果は1回戦敗退。試合には負けましたが、最後まで諦めないというマインドを発揮し、観ている人が応援したくなる試合という意味、そして、応援している生徒が声を張りあげて一生懸命応援していた様子から教育としての部活の試合という意味では勝ったと思います。優勝する人以外は、全員負ける、でも自分にできることを一生懸命やること、それが次に繋がります。3年生はこれで引退です。この経験が、次の進路の糧になります。

顧問の先生は、前日にキットカットを部員にプレゼント。生徒は、先生に勝負のお守りマスコットを渡していました。

そして、明日からは、新チームで始動します。

 

おまけ:私自身の高校時代の思い出は、県大会決勝戦で、私の対戦相手が、スマッシュをバシッと打ったところ、肩関節を骨折しました。そのまま救急車で運ばれ、呆然とする私。そして、私のおかげ?!で全国大会に出場が決まりました。そんな経験から、自分にできることをする(この時はコートに立っていただけだったけれど)、最後まで諦めない(相手がどんなに強い相手でも何が起こるかわからない)ということを学びました。

(中村)

 



準備が全て

108回静岡県バドミントン教職員大会が行われました。

参加者140名余り。回数を重ねるごとに参加者が増えて行っています。

受付をし、参加料を徴収し、体育館使用料を支払うなどの仕事が当日あります。

参加料は一人1種目1000円、体育館使用料は、17488円、ぴったり払わなければならず、紙幣を崩さなければならない、、、。と困ったな、と思っていると、一緒に事務局を手伝ってくれたY先生が、小銭が入ったお財布を差し出してくれました!!

会計の手伝いを頼んだ時から、Y先生は細かいお金が必要になると思って準備してくれていたのです。おかげでとても助かりました。中村会長は、全く考えておりませんでした。会計の達人!!、自分との差を痛感しました。

 

そして、なんと!体育館シューズを持ってくるのを忘れました。バドミントン人生で初めてです。

道具を忘れるとは、、、。

生徒がシューズを忘れてきたと言ったら「やる気あるのか!」と絶対怒ると思うのですが、、、。でもわかりました、やる気の問題ではありません。準備物の点検の問題でした。持ち物を朝点検するというスキルの問題です。

科学技術高校のバド部の生徒が会場の運営の手伝いをしてくれたのですが、顧問の先生は「準備が全て」「オリンピックで金メダルを取る人は世界で一番準備(練習)した人」と常々言っているそうです。

試合に負けた、勝ったは、準備が全てなのです。私は、シューズを忘れた時点で試合に出れないのですから、負けです。

だが、なんとしかし!!!高校生女子部員で私と同じ足サイズの生徒がいました。その生徒からシューズを借りて、なんとミックスダブルスで優勝。人に借りたシューズの方が、勝てた。

科学技術高校の生徒が来ていたTシャツの背面には「人生はいい方向にしか進まない」と書いてありました。超ポジティブ。

今日の私で言えば、シューズを忘れて、人に借りたということがあったから勝った。

何が起こっても物事を前向きに捉えることも学べました。

 



沼津商業高校バドミントン部OB会

 

1月と8月の年2回行われています。

OBOGと一緒に汗を流す姿に、コーチである中村会長は胸が熱くなります。

これぞ生涯スポーツだと思いますし、このOB会に来ることを楽しみにしている卒業生が一人でもいるならば、部活動が果たす役割は教育活動を超えた地域活動となっていると思います。

 

このペアは70代と20代のペアです。

 

このような組み合わせが実現するのも長い歴史があるからこそで、先輩たちの残してくれた宝です。

お金では買えないものです。

 

コート外では、○○大学卒業後、地元の銀行に就職した先輩に、現役の高校生が進路相談したりと、バドミントン以外の話をし、交流していました。

 

もちろんOB会を支える裏方の方々に支えられているものです。

会長の高橋さん、

 

事務局の福留さん

 

沼商バドミントン愛のある先輩方々、顧問の先生に感謝です。

コーチになって18年。このような場に参加させてもらえることにも感謝しています。

 

私は、中学生の頃、部活(バドミントン)が終わると、他の人はもっと練習していると不安になり、小学校の恩師(バドミントンを教えてくれた)に電話をして、夜、練習相手になってもらいました。今考えるとなんという図々しい生徒かと思うのですが、当時は夢中で、バドミントンをすることが楽しかった。

 

今、私にできることは、バドミントンを教わりたいという生徒の練習相手になること、それが、私にできる恩師への恩返しだと思っています。

 

そして、今日は私と1年生男子ペアが優勝しました〜。

 

 

 

 



「うちのチームにしかできないこと」

バドミントン教職員大会、前日の準備は、21時半過ぎても終わりません。

我が師匠の荒木田先生には、博士論文提出前に、「寝なければいいのよ」と言いましたが、今回、「寝なければ間に合う」と自分を励ましました。

 

参加者はなんと180人。

大会始まって以来の参加者で、うれしい悲鳴です。

 

当日は、一人で運営できるはずがなく、体育館の設営、駐車場係、アナウンスなどなど、同僚や友人が快く手伝ってくれ、周りの方々支えられているなあ、と実感しました。

感謝です。

 

本校の職員も参加してくれました。

結果は「ぼろ負け」だったのですが、私は言いました。

「うちのスタッフが参加した理由は、相手に勝ちを与えて喜んでもらうことです。うちが負けることで、相手が笑顔になる。これはうちのチームにしかできません。最高です!」

 



色気より食い気ですか、食い気よりバドミントンですか

第107回静岡県教職員バドミントン大会の締切は、11月4日(金)です。

平成28年11月23日(祝)富士市立富士体育館。

 

要項はこちらからダウンロード→http://sports.geocities.jp/sizuokabadkyoukai/

 

当日は中村会長が運営委員長ですので、もれなく会えます。

(会いたくないなんて言わないで。)



足跡を残せ

 

全日本教職員バドミントン大会に一緒に参加した先生のTシャツです。
声を出し、汗も流しましたが、
結果は、1回戦敗退。
でも、砂丘とすなばコーヒーに足跡を残してきました。

マツコがいましたが、マツコがテレビで鳥取の現状を取り上げてくれたおかげですなばコーヒーは始まったそうです。
「スタバはないが砂場はある」という知事の発言も有名です。ピンチをチャンスに変えること、見習いたいと思いました。
 



「バドミントンをすることは恋愛に似ている」

猛暑の中、シャトルを追う事は、喜びもつらさもあり、恋愛に似ている、と思いつつ、、。

 

第106回静岡県教職員バドミントン大会が開催されました!

 

静岡県内の教職員バドミントン大会は、年3回、東部、中部、西部地区で開催。

 

7月30日は、西部地区で開催のため吉田町へ行ってきました。

静岡県民ながら、「吉田町ってどこよ?」

という感覚で行って参りました。

 

総勢、100名近い参加です。

怪我予防のために、「とれない球はとらない」をモットーに、競技を楽しみました。

 

次回は、11月26日(土)富士市で行います。

富士市でお会いしましょう。

 



中村会長「カッコいいで賞」

SLIPER代表である中村会長は、バドミントンの達人でもあります。
3月5日に静岡大学で開催された教職員バドミントン大会でも大活躍!

その活躍ぶりを激写しようと思ったのですが、
動きが早すぎてこんな写真しか撮れませんでした。



パシッ!スパッ!目にも留まらぬ早させシャトルが飛び交います。
そして、背中に注目!!



スキルラダー研究会特製ポロシャツです!
どんな場面も無駄にせず広報活動をしてスキルラダーの普及に努めています。
広報の達人でもある会長です。

(高橋)
 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM