スクールナース・養護教諭合同セミナーに参加してきました

6月9日(土)、東京インターナショナルスクールにて、

5回目となるスクールナースと養護教諭の合同セミナーが開催されました。

 

今年はこれまでで最多となる、50名を超える方々の参加がありました。

 

スリッパメンバーも参加し、運営のお手伝いを少しさせていただきました。

 

このセミナーの立ち上げからずっと中心になって企画・運営してくださっている方はこちら↓↓

東京インターナショナルスクールにお勤めのMeguさんです。

これまで横のつながりのなかったインターナショナルスクールのスクールナースを繋げただけでなく、

日本の学校保健のやり方を学びたいと、養護教諭とも繋がりも作ってしまいました。

企画、運営、調整の能力が本当にすごい方です。

 

まずは、恒例となったグループ討議からスタート。

感染症対策や不登校への対応などについて、それぞれの立場から意見交換がされました。

 

そしてお楽しみのランチタイム!!

今回のメニューはこちらからの選択。悩みます。

今回は参加者が多かったので、くじ引きで弁当選択の順番を決めました。

グループ討議の続きをしつつ、プライベートな話なども出て、和気藹々、いい雰囲気です。

お弁当のチョイスなども、会議を盛り上げるコツの一つだと思いました。

そしてメインイベントの午後の研修!

その前にお着替えです。

スリッパの研修で使っているスケルトンティーシャツを着て、

救急処置の研修に入ります。

 

今回の講師は救急専門医であり、小児科指導医である境野高資先生です↓↓

「スクールナースが知っておくべきファーストエイド」のテーマで、ユーモア、動画、音声などがふんだんに盛り込まれていて

楽しく学ぶことができました。

 

エピペンや止血、ハイムリック法の演習などもあり、実践的な研修となりました。

 

途中の休憩でのもぐもぐタイムの様子↓↓

 

最後に来年に向けて、今回の感想を書き、終了です。

ただ企画運営するだけでなく、きちんと評価して次回につなげる、そこがまた素晴らしいなぁと思いました。

 

今回もとても学びが多く、楽しい研修会でした。

Meguさん、ありがとう!!

来年は是非、みなさんも参加してみませんか?

 

 

 



「教えて達人」5月のまとめと6月のテーマ発表

今回の5月のテーマは健康診断の事後措置についてでした。

皆さんも結果のお知らせを出しているところではないでしょうか?

 

5月のテーマはこちらでした↓↓

スリッパからのまとめがこちらです↓


【SLIPERより】
ここで、今相談者さんが問題としているのは、
)寨茲蝋三紊妨〆嵯覯未鯏舛┐討ら総合的に判断してお知らせをだすべきではないのか?
検査から長く経ってしまうと場合によっては症状がその間に進んでしまうのではない
か?
という二点ではないでしょうか。
まず、,砲弔い討蓮健康診断の結果は、6月30日までに行い、21日以内に結果を通知する(学校保健安全法施行規則)、項目ごとまたは終了した項目をまとめて通知するとともに、総合評価を学校医と相談の上、通知することが望ましい1)とされていることから、原則として検査結果は学校医に伝え、総合的な判断が必要と言えます。
しかし、今回のように2カ月以上も期間が空いてしまうような場合は、△里茲Δ烹殴月も放っておいていいものだろうか、と心配になってしまいますね。そこで、スリッパメンバーがお世話になっている学校医さんに、伺ってみました。すると、別々に出しても構わないということでした。
各校の実態に合わせて学校医と相談しながら、臨機応変に対応してよいと思われます。基本的に健康診断はスクリーニングですので、異常が見つかっても、自覚症状はなく、検査結果の通知を急ぐ必要がないものがほとんどです。しかし、緊急性が高いと思われる場合、眼科や耳鼻科等の感染性疾患が疑われる場合、視力のように学習に影響がある場合は、早期の対応が必要となります。
加えて、各学校の行事との兼ね合いをみながら、健康診断の日程を決める際、可能な限りで検査と検診を近い日にするということも事前準備として必要なことですね。
1)児童生徒等の健康診断マニュアル 平成27年度改訂 日本学校保健会


 

6月のテーマの発表です!↓↓

 

性についての問題行動は時代とともに形を変えつつもずっと続いています。

子どもを守るために教育はどうあるべきなのか、一緒に考えて見ませんか?

 

 

 

 



保健室登校、どうする? 教育ZINE

保健室登校、どうする? ベテラン養護教諭が教える対応のポイント が、明治図書のWEBマガジン

教育ZINE に掲載されました!

これを読んだ達人教師からは、「私なら最後にこう付け加えます」とメッセージをもらいました。

「また、その経験があなたの教職人生を豊かに導き、励まし続けてくれることでしょう。」

子どもたちの苦しみや悩み、その生き様に導かれていると思うこと、それが私たちの責任でありプライドだと最近よく考えます。

 

私はこのメッセージを読んで、その通りだ、まだまだ私に足りないところだと思いました。

 

この記事を書く機会を与えてくれた明治図書の方に感謝いたします。

スキルラダー研究会のHPを見てオファーをくださいました。

 

 

 



青森県養護教員会で講演してきました!

5月中旬、青森県養護教諭員界で講演をしてまいりました。

県内の養護教諭が集まるという、非常に大きな研修会でした。

 

やりとりが1年近く前から続き、やっと当日を迎えることができました。

青森駅に着くと、ねぶたがお出迎えしてくれました。

 

駅は海の近くで、おしゃれな施設が並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は駅から徒歩数分のこちら↓↓

とても立派で緊張感マックス!!

この施設の地下はこんなこと↓になっており、不思議な空間でした。

 

会場入りすると、青森のカリスマ養護教諭の先生方の暖かくも丁寧なおもてなしに、少しずつ緊張もほぐれていきました。

しかし、こんな立派な花をつけたのは生まれて初めてです!

 

「では、会場をへ意見してよろしいですか?」とステージへ向かうと・・・

ダーン!!

手書きの演題垂れ幕!!

校長先生がお書きくださったとのことですが、素晴らしすぎます!!

 

大きな会場、豪華な垂れ幕やお花を見て、また足がガクガク・・・

今回の講演はご覧の通り、スキルラダーの説明と救急処置スキルアップがテーマでした。

午後の眠くなる時間にも関わらず、とても熱心に聞いてくださる先生方の熱い視線についつい調子に乗って熱く語ってしまいました。

 

講演をなんとか終え、逃げるように帰途についたその時、数名の女性グループに声をかけられました。

「先生!すごく元気もらいました!」

「もっと早くお話し聞けばよかったのに!」

なんとありがたいお言葉・・・大感激!!

講演を聞いてくださっていた養護教諭の先生たちでした。

 

そして「これ、新幹線の中で食べてください!すごく美味しいのよ。」

ブッセ「青い森」を手渡してくださいました。

本当は先生方が新幹線の中で召し上がる予定だったでしょうに・・・。

先生方の反応が怖くて逃げかえろうとした自分を恥ずかしく思いました。

 

青森の皆様、ありがとうございました!!

青森大好き!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



祝!通算50回!!5月スリッパ定例会議を開催しました。

5月20日(日)、スリッパの定例会議が開催されました。

今回は記念すべき50回目の会議でした。

会場は赤坂!

赤坂のおしゃれなハワイアンカフェでお茶してから、会場に入りました。

 

今回は、おやつがたくさん並びました。

熊本土産:ドーナツ棒

裾野土産:イノシシ最中

東京土産:変わり種ハッピーターン

北海道土産:ROYCEのチョコ

青森土産:らぷる

 

会議の内容は以下の通り。

・5月「教えて達人」のまとめの検討

・6月「教えて達人」のテーマの検討

・救急処置のスキルラダーの再検討

・スキルラダーの書籍化に向けて

 

少しづつですが、前に進み続けるスリッパでした。

 

 

 



憧れのグランクラス

新幹線にグランクラスというのがあるのをご存知ですか?

名前の通りかなりのハイクラスなシートなのですが、

今回初めて乗車いたしましたのでリポートいたします。

 

座席は革張りのゆったりとした大きさがありつつ、リクライニングもかなり自由にできます。

1人席と2人席の2タイプがあります。

 

更に嬉しいのが軽食、おやつ、ドリンク付きということです。

メニューはこちら↓

 

そして、実物がこちら↓

中身はみなさまが乗車した時のお楽しみにしておきます。

 

気分はさながら飛行機のファーストクラスです。

 

一生コオから出たくないと思わせるほどの快適な空間。

そして到着したのがこちらです。

 

明日は研修会です!頑張ってきます。

 

 

 



「教えて達人」4月のまとめと5月のテーマ発表

健康診断シーズン真っ最中ですが、皆様、悩んでいませんか?

「教えて達人」でも、5月は健康診断にまつわるお悩みを取り上げています。

ぜひ、書き込みしてくださいね。

 

まずは4月のテーマとまとめから。

 

4月のテーマはこちらでした↓↓

http://b.ibbs.info/sliper201804/

そして、SLIPERのまとめはこちら↓↓


職場環境が変化する中での漠然とした不安や焦りは、誰でも経験するのではないでしょうか?特に大規模校から小規模校への異動は、保健室経営も当然変化しますし、校務分掌も多くなったりして戸惑うことも多くあると思います。今回の質問者さんの悩みは「周りが経験して成長していることに対する不安」なのですよね。まずは、自分の不安を整理して「不安を見える化」してみましょう!
「来室が少ない」「これといった問題がない」とありますが、来室が少ない理由を分析してみましたか?少ない理由として学校内の体制が整っていることや、家庭の状況の落ち着きといったことが背景としてあるのではないでしょうか?もしそのような状況であれば、健康診断結果から子どもの健康問題を見つけ教育を行っていくことや、予防教育も行うことができます。小学校ですから家庭との連携も重要になりますし、保護者を巻き込んだ健康教育も可能ですよね。更に進んだ指導が可能と言うことです。
そして、来室が多いと目の前の仕事に追われがちで、余裕がなくなることもあります。来室が少ないのを強みにし、「保健室から出て教室での子どもの様子をみる」「多くの校務分掌を経験することで学校全体がみえる」ということも可能になるのではないでしょうか?
「経験ができないと学びにつながらない」と感じているようですが、専門誌などに各種研修会・勉強会があるので積極的に参加して学びを深めていくことや、周りの養護教諭の経験をシェアして自分の学びにつなげ、一緒に解決策を考えることで力をつけていくのもよいですね。ぜひラダーの「自己研鑚」を参考にしてください。
不安に思うこと、解消できるように改善していくことが次のステップにつながります。がんばりましょう!


 

5月のテーマはこちら↓↓

http://b.ibbs.info/sliper201805/

 

忙しい時期ですが、みんなで意見交換しあって、なんとか乗り越えましょう!

 

 

 

 

 

 



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM