新型コロナウイルスについてのご意見募集

皆様、新型コロナウイルス対策で、悪戦苦闘の日々をお過ごしのことと思います。

この「教えて達人」の掲示板でも、今回の問題に対する意見交換ができればと思い、専用掲示板を作りました。

http://b.ibbs.info/sliper20200315/

 

皆様の対策の現状や困っていること、お悩みや、うまく行った対策などについて、ぜひご自由にお書きください。

この困難を湯ご教諭の知恵と経験を結集して乗り切りましょう!

 

 

 



家族の病気について相談してきた子供

「お母さんがガンになった」「死んじゃうかもしれない」と話ポロポロ泣き出してしまいました。

担任の先生に話すと、「家庭のことだからあまり首を突っ込まない方がいい」と言われてしまい、、、。

私は、どうしたらいいでしょうか。

 

教育Zine よりお読みください。



教えて達人2月のまとめと3月のテーマ発表

例年にも増して暖かい2月でした。

COVID19の影響でどの学校も対応に大変な日々を送られていることと思います。

 


さて、教えて達人2月のまとめです。http://b.ibbs.info/sliper202002/

設問

【SLIPERより】
養護教諭の意見の根拠を示す必要がありますね。
やった方がいい、そうではないと言い合っているだけでは、そばで聞いている人は、何を根拠に判断したらいいかわかりません。
週間医学界新聞(第3356号)には下記のように掲載されていました。
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03356_06

・インフルエンザワクチンの感染予防効果は100%ではない。
・インフルエンザ肺炎のリスクを減らす、高齢者の急性心筋梗塞の発症リスクを減らす、基礎疾患のない就労者(18−64歳)において仕事の病欠を43%減らすことも示されている。
・集団免疫と言って、集団の中でワクチンを打っている人の割合が高ければ高いほど、感染の広がりが小規模で済むことがわかっている。
・インフルエンザワクチンの予防接種で完全に感染を予防することは不可能だが、個人の感染予防以外の恩恵は多い。
・接種するかどうかは個人お意見も尊重されるが、医療従事者は自身が暴露するリスクが高い、と書かれており、これは医療従事者を教職員に読み替えることができる。

上記のような理由から、予防接種を推奨していきましょう。

しかし、もう一つ、問題があります。私たちは根拠を示したからと言って行動が変わるというわけではないのです。正論を言っても、感情的になって反発されるということだってありますよね。行動経済学では人間の「感情によって合理的な判断が歪む」と言われています。

そこで、根拠を示すのも重要ですが、この30年間インフルエンザにかかっていないという事実を大事に捉え、本人に「すごいですね」「どうしたらかからないでいられるんですかなど聴き出すことで、行動変容を目指すということも効果があるかもしれません。
 


続いて3月のテーマ発表です。

設問

投稿はこちら→http://b.ibbs.info/sliper202003/

 

皆様のご投稿お待ちしています。



創立70周年記念 静岡県バドミントン協会

ーShizuoka Badminton Association 70th Anniversary Partyー

令和2年2月2日(日)静岡県バドミントン協会 70周年記念式典が行われました。

静岡県教職員バドミントン連盟 理事長として、参加させていただきました。

 

当日の仕事は、受付です! 

受付準備中の様子です。

記念誌をお渡ししました。

現在の会員数は4000名を超えています。

 

 

私が中学、高校時代にお世話になったバドミントン部顧問や指導者の方々も参加しておられ、お会いすることができました。(なんと30年ぶり!)高校時代の私のエピソード、練習試合では「一番強い人とやらしてください」「負けると、もう一回やらせてください」と言ってきたこと、(自分でも覚えてますが。うまくなりたい一心でしたから。)昔と、現在の話に花が咲きました。

 

日本バドミントン協会専務理事 銭谷欽治氏と記念撮影。

(写真を見た友人からはスチュワーデスか!?との声も)

この時は、桃田選手も無事に練習復活できそうと話していたのですが、後日、眼窩骨折で手術となるとは。

昨日(2月29日)のニュースでは、練習復帰と出ていましたので一安心です。

 

桃田選手をはじめ、バドミントンがメディアで毎日のように取り上げられるような日が来るとは想像していませんでした。

70周年を節目としてますますの発展を心に誓った1日でした。

 

 



スリッパ会議を開催しました2020.2

2月の会議を開催しました。

今回は都合の合わない方が多く、4人だけの寂しい集まりとなってしまいましたが、少人数でも熱い議論を交わしました!

熱く語っているようには見えませんね・・・。

スキルラダー研究会への研修の依頼が殺到(?)しているため、その内容の検討という難題に取り組んでいるため苦悩の表情になっているのです。

 

今年は新型コロナウイルスの流行という、学校保健上も重要な事件が起きています。

養護教諭には何が求められているのでしょうか?

 

スキルラダー研究会でも、この問題に真正面から取り組んでいきたいと思っています!



個人・集団に働きかける保健専門職

インフルエンザ流行期に頭痛を訴える子どもへの対応

1 インフルエンザを疑おう

2 複眼的に判断しよう

3 想定される対応を提案しておこう。流行期の合言葉は「疑わしきは早退」

 

詳しくはこちらから教育zine

 

 

 

 



地域保健活動のための教育懇談会

パブリック・ヘルスケア研究会 

The society for Public health care

Education roundtable for community health activities

2019年度 「地域保健活動のための教育懇談会」に参加しました。山口大学医学部にて、令和2年1月31日(金)

 

 

宮崎美砂子先生から話題提供をいただき、意見交換を行いました。

大学などの教員や、現職の保健師が参加する中、隣の席には、偶然にも、大学院時代のゼミ仲間が座っていてびっくり。世間は狭いですね。

 

【テーマ】

1 対象の多様性・複雑性に対応するためにどのような人材を育成していくべきか

2 話題提供や意見交換の内容を踏まえて、今後、各大学における教育活動についてどのように考え、検討していくか

 

養護教諭は、普段、学校で「先生」と呼ばれ、「教諭」として働いている。しかし、健康な市民を作るためには学校にいる時期に働きかけることはとても重要で効果的であることから、地域保健活動の担い手であり、実践活動の領域が学校現場です。

養護教諭の実習の現状について発言しました。

地域看護の諸機能の学びが深まり、実習生に対して、学生を理解しながら、興味関心を引き出していく可能性を考えるきっかけとなりました。

 

パブリックヘルスケア研究会(事務局:山口大学大学院 医学系研究科 地域看護学分野)の皆様、このような機会をいただきありがとうございました。

 

山口まで羽田からひとっ飛び。

 

 

 

 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
selected entries
categories
LINK

SLIPER
〜達人養護教諭への道
facebook

facebook始めました。
おもしろ研究所

ユーモアいっぱいの健康教育で健やかなこころとからだを創造するちいさな研究所です!
楽天の買い物はこちらから
研究会発行の書籍購入
profile
archives
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM